個人輸入でAGA治療薬を購入するメリット・デメリット

インターネットの普及により、海外医薬品の個人輸入をすることは簡単に行えるようになりました。

  

ここでは、医薬品を個人輸入する際のメリットやデメリット、注意点などを解説していきます。

メリット

  
  • 価格が安い

AGA治療薬を個人輸入で購入する最大のメリットは価格が抑えられることです。

安い

日本国内で販売されている薬は海外製に比べると価格が非常に高くなります。

なぜ、ここまで価格に差があるのか?

海外製はジェネリック医薬品が多く、開発や臨床試験などにかかる費用がないことで、先発薬に比べ安価で販売されています。

また、薬の価格は販売されている国の物価に依存しているからです。

これらの理由によって、海外医薬品を個人輸入で購入すると、日本で購入するよりもはるかに安価で買うことができます。

  
  • クリニックに通う必要がない

インターネットを利用した個人輸入では、薬の種類を知っていれば簡単に購入することができます。

通院

AGA治療では、【プロペシア】【ミノキシジル】【ザガーロ】の3種類がメインの治療薬となっています。

近くにクリニックがない、クリニックに行っても毎回処方される薬が同じ場合などは、個人輸入で購入する方が費用を抑えることができます。

デメリット

  
  • 注文から商品到着までに時間がかかる

発送国にもよりますが、注文してから、商品が到着するまでに5~14日程度の時間がかかってしまいます。

これは、諸々の手配や税関などで時間がかかってしまう為です。

なので、すぐに必要な場合などは、クリニックで処方してもらう方がよいでしょう。

注意点

  
  • 薬のリスク

日本で承認されている薬はすべて「治験」を経て、販売されています。

実際に多くの人が薬を使用し、効果や副作用など数多くの実験を行い、ある一定の安全性が保たれています。

海外製の医薬品は現地人向けに作られており、日本人が服用しても問題ないのか?というと、殆どの方が問題なく利用できています。

日本で個人輸入されている医薬品の殆どが、インド製ジェネリックであり、身体のサイズが似ていることで、ほとんど問題なく利用できているといわれています。

稀にアメリカやヨーロッパなどで作られている薬もありますが、自分に合う用法・容量を把握しておくことで、リスクは抑えることもできます。

個人輸入でAGA治療薬を購入してる方の中には、何度かクリニックへ通い医師と相談しながら薬を選んでいるといった報告も入っています。

  
  • 業者のリスク

海外医薬品を個人輸入するときに殆どの方が、【個人輸入代行業者】を利用していると思います。

近年では少なくなりましたが、偽物や粗悪品を送り付ける業者がひと昔前は横行しており、安心して購入することが難しい時期がありました。

悪徳業者

安心できる業者は、会社情報の提示・電話注文・返品対応などを行っています。

また、個人輸入の代行業者は、輸入の手続きを変わりにやってくれているだけなので、トラブルがあっても補償などは基本的にしてくれません。

こういった部分も含めて、購入後のアフターフォローをキチンと行ってくれない業者は、悪質な場合が多いので、事前に問い合わせや口コミなどを確認して判断すると、安心して購入できます。

  
  • 税関で止めれてしまうリスク

薬やサプリメント、化粧品などを個人輸入するときは上限が定められています。

決められた量よりも多く輸入しようとすると、没収されてしまいます。

【処方箋薬 1か月分以内】 【医薬部外品 2か月分以内】

また、個人輸入で購入した医薬品は購入した本人が利用する場合のみと定められていますので、注意が必要です。

AGA治療をする場合、まずはクリニックへ相談し、薬だけの処方になった場合は、同じ用量の薬を個人輸入した方が費用は抑えられます。

しかし相談なしで、薬を購入し重篤な副作用が現れても、代行業者は保証してくれませんので、まずはクリニックへ相談することが大切です。

ドラッグストアで買う

ドラッグストアで買うについて詳しくは以下をご覧ください。

ドラッグストアで買う

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる