AGA新薬ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用など

AGA新薬ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用など

ザガーロとは

ザガーロとは、2016年6月より販売がスタートしたAGA(男性型脱毛症)の新薬です。

「GSK社」が製造販売を行っており、プロペシアに次ぐ第2のAGA治療薬として注目されています。

有効成分は「デュタステリド」で、「0.1㎎」「0.5㎎」と2種類の規格があるカプセル剤となっています。

ちなみにデュタステリドは、「アボルブ」という前立腺肥大症治療薬の成分としても使用されています。

しかしザガーロとアボルブは名称や用途、カプセルの色が異なるだけであり、有効成分や添加物(着色剤は除く)は全て同一です。

そのため一部のAGAクリニックでは、ザガーロだけでなくアボルブが処方されていることもあります。

ザガーロの効果

ザガーロは、プロペシアと同じくAGA治療薬として知られています。

ですが2つのAGA治療薬の効果には、明確な違いがあります。

多くの男性を悩ませるAGAですが、その原因物質は「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれるホルモンです。

DHTは男性ホルモンの1種である「テストステロン」と、「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことで産生されます。

また5αリダクターゼには1型・2型という2つのタイプが存在します。

DHT = テストステロン + 5αリダクターゼ(1・2型)

ザガーロやプロペシアのようなAGA治療薬は、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTが作られるのを防ぐことでAGAを改善します。

しかしプロペシアは、5αリダクターゼの2型のみを阻害するAGA治療薬でした。

対するザガーロは、5αリダクターゼの1・2型のどちらも阻害する作用を持っています。

そのためプロペシアよりもザガーロの方が、高い改善効果を期待できるAGA治療薬となっています。

ザガーロとプロペシアの比較

ザガーロとプロペシアはどちらも5αリダクターゼを阻害する作用によりAGAを治療しますが、それぞれの効果は同一ではなくザガーロの方がより優れた改善効果を有しています。

5αリダクターゼには1型・2型という2つのタイプが存在しますが、ザガーロによる2型への阻害作用はプロペシアの3倍、1型への阻害作用に関しては100倍以上もザガーロの方が強力であることが分かっています。

このことからザガーロとプロペシアには、発毛した髪の毛の本数や太さに違いがあります。

アメリカ皮膚科学会はザガーロとプロペシアを被験者917名の方に服用してもらい、12週間~24週間でどれだけ髪の毛が増えたか、髪の毛はどれだけ太くなったのかを検証しています。

直径2.54㎝における増毛本数

薬剤 12週服用後 24週服用後
ザガーロ0.5㎎ +82.3本 +89.6本
プロペシア1㎎ +50.9本 +56.5本

「ザガーロによる増毛本数÷プロペシアによる増毛本数」で計算すると、答えは約1.6になります。

つまりザガーロ0.5㎎は、プロペシア1㎎と比較して約1.6倍の発毛効果があることになります。

直径2.54㎝における髪の毛の太さの変化

薬剤 変化量
ザガーロ0.5㎎ 24週で5.8(×103μm)
プロペシア1㎎ 24週で4(×103μm)

こちらも同じく「ザガーロによる変化量÷プロペシアによる変化量」で計算すると、答えは約1.45になります。

従ってザガーロ0.5㎎はプロペシア1㎎よりも、約1.45倍も髪の毛を太くする効果を期待できるということになります。

ザガーロの副作用

ザガーロは長期間服用を続けるお薬であるため、副作用について気になる方は多いはずです。

臨床試験においてザガーロを服用した557名の被験者からは、95例(17.1%)の副作用が報告されました。

報告された副作用の内訳は、次のようになります。

種類/頻度 1%以上 1%未満 頻度不明
過敏症 発疹 蕁麻疹、アレルギー反応、そう痒症、限局性浮腫、血管浮腫
精神神経系 頭痛、抑うつ気分 浮動性めまい、味覚異常
生殖系及び乳房障害 性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害) 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感) 精巣痛、精巣腫脹
皮膚 脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
消化器 腹部不快感 腹痛、下痢
その他 肝機能異常、倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加

上記を見て分かるように、ザガーロによる主な副作用は性機能に関する副作用です。

こちらの副作用について、より詳細な数値を基に解説していきます。

性機能に関する副作用

臨床試験において報告されたザガーロの主な副作用は、性機能に関する症状です。

全557名(日本人120名を含む)の被験者のうち、性機能に関する副作用が報告された症例は以下の通りでした。

症状 全557例中 日本人120例中
ED(勃起不全) 24例(4.3%) 6例(5.0%)
性欲の減退 22例(3.9%) 7例(5.8%)
精液量の減少 7例(1.3%)
射精障害 2例(1.7%)

これらの性機能に関する副作用は、ザガーロの服用を中止した後も続いたとの報告があります。

しかしザガーロとの関連性は明らかになっていません。

ザガーロ・ジェネリックについて

ジェネリック医薬品とは、先発薬と同じ有効成分を使って作られる後発医薬品です。

一般的に先発薬よりも安く、しかも同等の効果が期待できるのがジェネリックの特徴になります。

国内でジェネリックを発売するためには、まず先発薬の特許期間が満了するのを待たなくてはなりません

特許期間のうちは新薬を開発した製薬会社が独占的に製造販売を行い、その期間が過ぎた後でしかジェネリックの製造はできないのです。

ザガーロの場合は特許期間がまだ続いているため、国内の正規品のザガーロ・ジェネリックは販売されていません。(2019年8月現在)

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる