ルグゼバイブの効果・副作用、パントガールとの違い

ルグゼバイブの効果・副作用、パントガールとの違い

「ボリュームダウンで髪のセットが決まらない…」
「シャンプー後の排水溝が髪の毛だらけ…」

女性も薄毛による髪のボリュームダウンやホルモンバランスの乱れによる抜け毛など、多くの髪のトラブルに悩んでいる方が多く、その割合は10人に1人と言われています。

ルグゼバイブは女性の薄毛や抜け毛の改善に使われる育毛サプリメントです。

こちらでは、人気の女性向けの育毛剤「ルグゼバイブ」の効果や副作用、もう一つ人気の治療薬である「パントガール」との違いについて解説しています。

ルグゼバイブとは

ルグゼバイブは、女性の薄毛治療に用いられる育毛サプリメントの1つです。

アメリカで頭髪研究を行う企業「DS Healthcare Group Inc」より、2015年から販売がスタートしました。

先に発売していた女性用薄毛治療薬パントガールの進化版とも呼ばれ、注目を集めています。

形状はピンク色のカプセル型で、容器の中に1か月分相当の用量(90カプセル)が入っています。

ルグゼバイブには髪の毛を育てるための成分が豊富に含まれ、それ以外にも馬プラセンタやコロストラムなど美容成分も配合されています。

エイジングケアなどの効果から、女性の美しい髪と美容を内側からサポートします。

ルグゼバイブは以下の方におすすめです。

・抜け毛が増え、頭皮が見えるのが気になる方
・髪が細くなりボリュームダウンのため、セットが決まらない方
・ダメージヘアを改善したい方
・髪の毛以外に肌にも潤いが欲しい方
・カツラや医薬品に抵抗がある方
・他のヘアケア製品では効果が得られなかった方

ルグゼバイブは現在多くのヘアケアクリニックでも使用され、信頼性の高さにも定評があります。

パントガールなど他のヘアケア製品であまり効果が得られなかった方は、ルグゼバイブを試してみる価値があります。

ルグゼバイブの効果とパントガールとの比較

ルグゼバイブの効果と比較

ルグゼバイブは、パントガールの進化版とも呼ばれる薄毛治療薬です。

それぞれ以下の成分が配合されています。

成分名 ルグゼバイブ パントガール
パントテン酸カルシウム 60㎎ 60㎎
L-シスチン 20㎎ 20㎎
ビタミンB1 60㎎ 60㎎
ケラチン 20㎎ 20㎎
薬用酵母 100㎎ 100㎎
チアミン硝酸塩 60㎎ 60㎎
馬プラセンタ 667㎎
コロストラム 20㎎

まずパントガールは、女性用の薄毛治療薬として知名度が高い製品です。

臨床試験では9割の女性に抜け毛の減少が見られ、他にも服用した方からは「髪質が良くなった」「爪がキレイになった」という感想が挙がることもあります。

これに対してルグゼバイブは、パントガールと同様の成分に馬プラセンタ・コロストラムという成分がプラスされています。

これらの新成分には成長因子が含まれ、パントガールと同等の効果はもちろん、さらにエイジングケアや髪の毛のハリ・ツヤの向上なども期待できます。

パントガールとルグゼバイブの大きな違いは、以下の二つの成分がルグゼバイブには配合されていることです。

・馬プラセンタ
馬プラセンタは、馬の胎盤を原料とする成分です。
アミノ酸やビタミン、ミネラル、酵素、核酸などの栄養素が含まれ、他の動物性プラセンタより特にアミノ酸が豊富なのが特徴です。
血行促進、疲労回復、基礎代謝のアップ、ホルモンバランスを整える働きがあります。
高い栄養補給剤として、医療現場でも広く使用されています。

・コロストラム
コロストラムとは牛の初乳(ディフェンスミルク)を原料とした成分です。どんな動物でも初乳には、新生児の健康や成長に必要な成分が豊富に含まれています。
免疫力を高め、アミノ酸やビタミン、ミネラルを補給できます。

これらの新成分には両方ともFGF-7など発毛の成長因子(グロースファクター)が含まれ、豊富な栄養と共に髪の毛の成長をサポートします。

その他の成分の働き

パントガールとルグゼバイブの両方に含まれる主な成分は以下のものです。

パントテン酸カルシウム
ビタミンB5とも呼ばれるビタミンの1種です。頭皮に潤いを与え、皮脂の分泌を正常化することで、薄毛の原因となる頭皮を健康にする働きがあります。

ケラチン
タンパク質の1種で、髪や爪の生成に必要な成分です。ケラチンの補給により、髪のダメージを補修しハリやコシを与え、艶のある力強い髪質になります。

L-シスチン
アミノ酸の1種で、タンパク質であるケラチンの元となる働きがあります。L-シスチンは体内で作る事ができないため、食品などから摂取する必要があります。

ビタミンB1
水に溶けやすいタイプのビタミンで、糖質をエネルギーに変える働きと、皮膚や粘膜をサポートする働きがあります。抜け毛や薄毛の予防に必要な栄養素です。

薬用酵母(サッカロミセス・ブラウディ)
トロピカルフルーツ由来の酵母です。乳酸菌などと同じプロバイオティクスとして、腸内のバランスを整える働きをします。免疫力を高め、髪の成長に必要な栄養素を取り込みやすくします。

チアミン硝酸塩
水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB1とも呼ばれています。頭皮環境を整える働きがあります。

これらの成分はパントガール、ルグゼバイブのどちらにも含まれている成分です。それぞれ薄毛や美容にとって、素晴らしい働きをしてくれます。

主に以下の効果が期待できます。

・抜け毛が減少(ヘアサイクルの正常化)
・髪質の向上(ハリ・ツヤが出る)
・肌がキレイになる(エイジングケア)

薄毛を治療しながらもっとキレイになれる、そんな効果を期待できる育毛サプリメントがルグゼバイブです。

ルグゼバイブの副作用や注意点

ルグゼバイブの副作用や注意点

ルグゼバイブは髪の毛に良いとされる栄養素が凝縮された、サプリメントです。

そのため大きな副作用は報告されておらず、安心して服用することができます。

しかしいくら安全性に優れているとはいえ、誰でも服用できる訳ではありません。

  • ルグゼバイブの成分にアレルギーの既往歴がある方
  • 妊娠中の女性
  • 別のお薬を服用中の方
  • 12歳以下の子ども

いずれかに当てはまる方は、医師と相談してから処方を受ける必要があります。

ルグゼバイブの服用方法

ルグゼバイブの効果的な服用方法は以下の通りです。

・1日3回服用する
・常温または冷たい水で服用する
・カプセルのまま服用

成人女性の場合、1日3錠を服用してください。

朝、昼、晩に1錠づつを毎食時に、服用してください。習慣化することで飲み忘れを防ぐ事ができます。

ルグゼバイブには多くのビタミン類が含まれ、髪の成長や美容に良いとされるビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群は熱に弱い特徴があるため、服用の際は常温か冷たい水がおすすめです。

成分が早く吸収されるようにと、カプセルをばらして中の顆粒だけ飲むのは控えてください。苦いだけで吸収が早まることはありません。胃の中に入ればしっかりとカプセルは溶けるで、そのまま服用してください。

早く効果を得るために、1回の服用量を増やしたり、1か月分の量を2週間で飲んでしまうなど、用量を増やさないでください。

ルグゼバイブは医薬品ではないため、使用から実感が現れるまで時間がかかります。髪の毛の成長や生え変わりには、最低でも3か月間服用を継続してください。

長期的な服用で効果が持続され、健康的でしっかりした髪の毛が維持できるようになります。

ルグゼバイブで健康的で艶やかな髪を

ルグゼバイブで健康的で艶やかな髪を

ルグゼバイブについてまとめると以下になります。

・ルグゼバイブはパントガールの進化版と言える育毛サプリメント
・成分に、馬プラセンタとコロストラムが追加されている
・免疫力を上げ肌に潤いを与えるなど、薄毛以外にも効果が期待できる
・医薬品ではないため、副作用が無い
・効果が現れるまでは、3か月以上の使用が必要

薄毛は男性の症状のイメージがありますが、女性も薄毛(びまん性脱毛症)でお悩みの方はとても増えています。

年齢が若い方かた年配の方まで、女性にとって髪の毛は印象にも関わる大事なものです。

男性ほど確立された治療法が無く、選択肢も少ないことから相談出来ずに、悩みを抱えたままの方も多いのではないでしょうか。

これまでウィッグを付けたり、他のヘアケア製品で効果が得られなかった方は、ルグゼバイブを試してみる価値があります。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる