AGAクリニックで処方される主な育毛サプリ

AGAクリニックで処方される主な育毛サプリ

薄毛改善はお薬だけではない

薄毛治療を専門的に行うクリニックでは、男性にはプロペシア、女性にはパントガールなど性別に合わせた薄毛治療薬が処方されています。

薄毛治療薬の種類もどんどん数を増やしており、どのお薬も優れた発毛効果が期待できるものばかりです。

しかし薄毛改善のために有効なのは、お薬だけではありません。

AGAクリニックでは、薄毛改善をサポートする各種サプリも処方されています。

「サプリメント」はあくまでも健康維持を目的とした健康食品であり、病気や症状の治療を目的としたものではありません。

ですが私たちの体は毎日の食事によって作られており、この点は髪の毛も同じです。

髪の毛は、毛根に存在する毛乳頭や毛母細胞が受け取った栄養素を基にして作られています。

そのためサプリを活用し、栄養を補うことで髪の毛の健康につながっていきます

AGAクリニックで処方されるサプリ

AGAクリニックで処方されるサプリは、主に3種類あります。

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル

これらのサプリは薄毛の治療薬と一緒に処方されたり、またクリニックによってはオリジナルの治療薬に配合されていたりする場合もあります。

それぞれのサプリがなぜ髪に良いのか、順番に解説していきます。

アミノ酸

髪の毛の大部分は「ケラチン」というタンパク質で構成されています。

タンパク質は複数のアミノ酸が結びついて作られる成分であり、このケラチンの材料となっているのもアミノ酸です。

つまり髪の毛を育てるには、アミノ酸が不可欠と言えます。

ケラチンを構成しているのは、18種類のアミノ酸です。

  • シスチン
  • グルタミン酸
  • ロイシン
  • アルギニン
  • セリン
  • スレオニン
  • アスパラギン酸
  • プロリン

など

AGAクリニックで処方されるアミノ酸サプリには、上記のようなケラチンを構成するアミノ酸が配合されていることが多いです。

ビタミン

前述したように髪の毛の成長には、タンパク質の材料となるアミノ酸が重要です。

食品に含まれるタンパク質も、まずは一度アミノ酸に分解されてから体内で利用されます。

しかしタンパク質をアミノ酸に分解するには、ビタミンが必要です。

また髪の毛の健康維持のため特に注目したいのがビタミンB群です。

ビタミンB群には細胞の新陳代謝を促進、血流改善など様々な働きがあり、例えば女性用育毛剤のパントガールにもビタミンB群が含有されています。

AGAクリニックでは育毛効果を期待して、ビオチン(ビタミンB7)を始めとしたビタミンサプリが処方されることもあります。

ミネラル

タンパク質やビタミンと同じく、5大栄養素の1つとして数えられているミネラル。

ミネラルの中でも、特に亜鉛は髪の毛にとって重要です。

髪の毛の主成分ケラチンは、アミノ酸を材料に作られています。

しかし体に摂取したアミノ酸をケラチンに変えるためには、亜鉛が必要なのです。

それにも関わらず、現代の日本では亜鉛不足の方が増えていると言われています。

したがって多くのAGAクリニックでは、亜鉛を含有したサプリを処方しています。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる