AGAクリニックで処方される主な育毛サプリ

AGAクリニックで処方される主な育毛サプリ

抜け毛を防ぐための選択肢に育毛サプリがあります。育毛サプリは、髪の毛や頭皮の栄養不足を補う働きがある栄養補助食品です。

医薬品ではない育毛サプリにはどんな働きがあるのでしょうか。

こちらでは育毛サプリにはどんな効果があり、どんな種類があるのか詳しく解説していきます。薄毛を予防したい方は必見です。

薄毛改善はお薬だけではない

薄毛治療を専門的に行うクリニックでは、男性にはプロペシア、女性にはパントガールなど性別に合わせた薄毛治療薬が処方されています。

薄毛治療薬の種類もどんどん数を増やしており、どのお薬も優れた発毛効果が期待できるものばかりです。

しかし薄毛改善のために有効なのは、お薬だけではありません。

AGAクリニックでは、薄毛改善をサポートする各種サプリも処方されています。

「サプリメント」はあくまでも健康維持を目的とした健康食品であり、病気や症状の治療を目的としたものではありません。

ですが私たちの体は毎日の食事によって作られており、この点は髪の毛も同じです。

髪の毛は、毛根に存在する毛乳頭や毛母細胞が受け取った栄養素を基にして作られています。

そのためサプリを活用し、栄養を補うことで髪の毛の健康につながっていきます

AGAクリニックで処方されるサプリ

AGAクリニックで処方されるサプリは、主に3種類あります。

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル

これらのサプリは薄毛の治療薬と一緒に処方されたり、またクリニックによってはオリジナルの治療薬に配合されていたりする場合もあります。

それぞれのサプリがなぜ髪に良いのか、順番に解説していきます。

アミノ酸

アミノ酸

髪の毛の大部分は「ケラチン」というタンパク質で構成されています。

タンパク質は複数のアミノ酸が結びついて作られる成分であり、このケラチンの材料となっているのもアミノ酸です。

つまり髪の毛を育てるには、アミノ酸が不可欠と言えます。

ケラチンを構成しているのは、18種類のアミノ酸です。

  • シスチン
  • グルタミン酸
  • ロイシン
  • アルギニン
  • セリン
  • スレオニン
  • アスパラギン酸
  • プロリン

など

AGAクリニックで処方されるアミノ酸サプリには、上記のようなケラチンを構成するアミノ酸が配合されていることが多いです。

アミノ酸の中には食べ物から摂取できるものもあれば、なかなか摂取が難しいものもあります。そのため効率良くアミノ酸を取り入れるためには、サプリの活用は良い方法と言えます。

体で生成されない必須アミノ酸は、食事やサプリなどで体外から取り入れるしかありません。

ビタミン

ビタミン類

ビタミン類は体の維持に必要な成分です。もちろん抜け毛や育毛にとっても重要な成分です。

頭皮や髪の毛には、以下の働きがあります。

・頭皮の乾燥やダメージを防ぐ
・髪の毛の細胞分裂や代謝の促進
・頭皮の血行の促進
・髪の毛の基となるアミノ酸の生成

全部で18種類あるビタミン類の中でも、抜け毛や育毛に関わりがあるのはビタミンA、B群、C、Eです。

特にビタミンB群は細胞の新陳代謝を促進、血流改善など様々な働きがあり、例えば女性用育毛剤のパントガールにもビタミンB群が含有されています。

AGAクリニックでは育毛効果を期待して、ビオチン(ビタミンB7)を始めとしたビタミンサプリが処方されることもあります。

多くのビタミン類は食事から摂取できますが、頭皮や髪の毛以外にも体全体の健康維持に必要な成分のため、消費される量が多くなります。

意識的にビタミンを摂取するためには、サプリの活用は効果的と言えます。

ミネラル

ミネラル

タンパク質やビタミンと同じく、5大栄養素の1つとして数えられているミネラル。

ミネラルの中でも、特に亜鉛は髪の毛にとって重要です。

亜鉛は体の新陳代謝に必要な酵素の成分となる他、タンパク質の合成にも関わります。

体の細胞分裂が活発な部分で亜鉛が必要になるため、発毛や髪の成長に欠かせない成分です。

髪の毛の主成分ケラチンは、アミノ酸を材料に作られるタンパク質です。

つまり摂取したアミノ酸をケラチンに変えるためには、亜鉛が必要です。

現代の日本では多くの方に亜鉛不足が増えていると言われています。特にコンビニ弁当やファストフードなどの外食では、食事から亜鉛を摂取するのが難しいからです。

多くのAGAクリニックでは、普段の食事では摂取しにくい亜鉛を含有したサプリを処方しています。

育毛サプリの注意点

育毛サプリは健康食品の扱いになるため、特に副作用も無く使用することができます。

しかし、育毛サプリにも使用に関して注意点があるので、覚えておきましょう。

・サプリだけに頼らない

サプリの役割はあくまでも補助です。普段の食生活で足りない栄養素を補給するためにあります。何も食べずにサプリだけ服用しても、栄養不足が解消される訳ではありません。

なるべく普段からバランスの摂れた食事を意識する事が大切です。

薄毛の予防にはサプリは有効ですが、進行したAGAの症状を改善するにはAGA治療薬の使用が必要になります。

・亜鉛の過剰摂取に注意

普段の食事でしっかり亜鉛が摂れている方が、亜鉛が含まれたサプリを多く服用すると、過剰摂取となり、吐き気や下痢、食欲不振、頭痛などの症状が現れる場合があります。

食品添加物の多いレトルト食品や、炭水化物や食物繊維を含む食品が多く、肉や魚介類の少ない食事、アルコールをよく飲む方は亜鉛が不足しがちです。

・脂溶性ビタミンの過剰摂取に注意

髪に良いとされるビタミンにも、摂り過ぎてしまうと体に悪影響を及ぼす場合があります。

ビタミンCやB群は水溶性のビタミンのため、水に溶けやすく過剰に摂取しても、吸収されず残った分は体外へ排出されます。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、水に溶けにくく体外へ排出されずに蓄積しやすい特徴があります。ビタミンAの過剰摂取により、頭皮の角質化や発疹が出る場合があるため、食事で多く摂取している場合は、サプリの服用を減らすなどの工夫が必要です。

ビタミンAは豚、鶏レバー、牛乳、バター、チーズ、卵に多く含まれます。

効果的な育毛サプリの使い方

育毛サプリの効果は補助的なものなので、単体で使うよりは他の育毛効果のあるものと組み合わせで使う方が効果的です。

以下のように育毛サプリを使うことで、効率的な使いができます。

育毛シャンプーや育毛剤と併用

薄毛予防に効果がある育毛シャンプーや育毛剤と、育毛サプリは併用する事ができます。

育毛サプリが体の内側から体調や栄養のバランスを整え、育毛シャンプーや育毛剤で外側から頭皮の血行を促進し、栄養を与え、乾燥などのダメージを防ぎます。

育毛剤には医薬品の成分が含まれているものもありますが、服用するものでなく塗布する外用タイプであれば、副作用の心配は特に必要ありません。

ただしあくまでも薄毛予防として、頭皮環境の改善を目的として使用するのがいいでしょう。確実な薄毛改善ではありません。

食後に服用する

育毛サプリは夕食後に服用するのが効果的です。

夜の22時から2時までの間が「ゴールデンタイム」と呼ばれ、この時間は成長ホルモンが分泌され、髪の毛の成長にも良いと言われています。

夕食後に服用することで食べ物を消化する際に、育毛サプリも一緒に消化され効率良く吸収が行われます。

空腹時の服用で問題ありませんが、胃腸に負担となる可能性があるため、できれば活発な活動の無い夕食後がベストです。

育毛サプリの成分が吸収されるのに1~2時間かかるとお考えください。そのため、20時までに服用するのが理想的です。

就寝直前のサプリの服用は、消化のために臓器が活発に働くため、入眠の妨げとなります。

育毛サプリに亜鉛が含まれている場合、食後でもコーヒーと一緒に飲むと吸収されにくいため避けてください。

AGA治療薬との併用

薄毛が進行している場合、育毛サプリの力だけでは、確実な改善はできないため、AGA治療薬との併用も効果的です。

その際、髪の成長をサポートする育毛サプリとの併用は、効果的です。

AGA治療薬は脱毛の原因を改善する作用がメインです。脱毛を抑えた後に必要な育毛にはサプリに含まれる栄養成分が必要となります。

育毛サプリのまとめ

育毛サプリについてまとめると以下のようになります。

・育毛サプリには、抜け毛の予防や育毛に役立つ成分が配合されている
・主な成分は「アミノ酸」「ビタミン類」「亜鉛」
・医薬品とは違い副作用はありませんが、過剰摂取は控える
・育毛サプリは抜け毛予防や育毛のサポートをする補助的なもの
・育毛サプリは、育毛剤や育毛シャンプー、AGA治療薬との併用が効果的

育毛サプリを使用することで、抜け毛や薄毛の予防となり、育毛に効果的です。

髪の毛に良い成分は「アミノ酸」「ビタミン類」「亜鉛」の3つです。育毛サプリにはこの成分が含まれているため、抜け毛の予防や育毛に良いとされています。

医薬品のように強い作用は無く、適量を服用する分には副作用は基本的にありません。ただし摂取量が過剰な場合では、体に不具合が現れる可能性があります。

あくまでもサプリは抜け毛の予防や育毛のサポートで、補助的な働きをします。確実な改善を望む場合は、クリニックなどの専門機関でAGA治療薬を処方してもらいましょう。

育毛サプリは、AGA治療薬や育毛剤、育毛シャンプーと併用する事も可能で、効果的に抜け毛の予防や育毛を行えます。

まず育毛サプリの使用でいいのか、AGA治療薬が必要なのかを判断するため、AGAクリニックが行っている無料カウンセリングを利用してみましょう。

育毛サプリは抜け毛や薄毛の予防、育毛に必要な成分が含まれています。普段の食事と合わせて摂り過ぎに注意しながら使用しましょう。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる