塗るタイプの薄毛治療薬パントスチンの効果や副作用

塗るタイプの薄毛治療薬パントスチンの効果や副作用

パントスチンとは

パントスチンとは、有効成分「アルファトラジオール」を含有する薄毛治療薬です。

脱毛症を引き起こす原因物質を抑制し、毛根を守ることで抜け毛を予防する外用薬となっています。

また薄毛治療薬には男性専用の製品が多いですが、パントスチンは作用が緩やかで、男女問わず使用できることも特徴です。

パントスチンの効果

パントスチンは、以下のような脱毛症に有効な治療薬です。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • FAGA(女性男性型脱毛症)

2つの脱毛症に共通している原因は、「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

男性ホルモンの1種である「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という酵素によりDHTに変換され、薄毛の原因物質になることがあります。

女性の体内に存在する男性ホルモンは微量ですが、加齢により女性ホルモンが減少すると、DHTの影響を受けやすくなりFAGAを発症してしまいます。

DHT = テストステロン + 5αリダクターゼ

そこでパントスチンは5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの産生を抑えます。

DHTが少なくなることで抜け毛予防、薄毛改善などの効果を期待できるようになるのです。

またパントスチンの作用は、男性のAGA治療薬プロペシアやザガーロとよく似ています。

女性はプロペシアやザガーロに触れることすら禁忌とされているのに、パントスチンは大丈夫なのかと疑問に思う方もいるかもしれません。

しかしパントスチンはこれらの薬よりも作用がマイルドであるため、女性の薄毛治療にも広く役立てられています。

パントスチンの副作用や注意点

パントスチンは効果が緩やかな分、副作用のリスクも小さいため基本的には安全性が高い治療薬です。

髪が濡れる、べたつくなどの不快感もないため、使い勝手にも優れます。

しかし使用後にかゆみやかぶれが生じた場合はアレルギーの可能性があるため、すぐに医師にご相談ください。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる