スピロノラクトンの副作用や薄毛治療薬としての効果について

スピロノラクトンの副作用や薄毛治療薬としての効果について

スピロノラクトンとは

スピロノラクトンとは、女性の薄毛治療薬として用いられているお薬の1つです。

本来は「アルダクトンA」という利尿剤の成分として、高血圧症などの治療に使用されています。

しかしスピロノラクトンには女性のホルモンバランスを整える働きがあり、FAGA(女性男性型脱毛症)やニキビの治療などにも適用外使用されています。

スピロノラクトンをFAGA治療に用いる場合、利尿剤として服用するよりも低用量になるため副作用のリスクが小さいと言われます。

ですが重い副作用が生じる可能性もあるため、薄毛治療薬としての使用を反対されることも少なくありません

スピロノラクトンの発毛・育毛効果

利尿剤であるはずのスピロノラクトンがなぜ薄毛治療に効果を発揮するのか。

その理由は、スピロノラクトンの抗アンドロゲン作用にあります。

中高年の女性によく見られる脱毛症の1つ、FAGAはホルモンバランスの乱れが大きな原因です。

女性の髪の毛は、女性ホルモンの働きによってキレイに、健康に成長していきます。

しかし加齢の影響などにより女性ホルモンの分泌量が減り、相対的に男性ホルモンの働きが優位になることがあります。

すると男性ホルモンから髪の毛の成長を邪魔する「DHT(ジヒドロテストステロン)」が作られ、薄毛の症状が見られるようになるのです。

そこでスピロノラクトンには、DHTの働きを抑制する作用があります。

DHTの働きが抑えられることで髪の毛が太く、長く成長できるようになり、FAGAが改善されるのです。

スピロノラクトンの副作用

スピノロラクトンによる副作用として時々見られるのが、性ホルモンに関係する副作用です。

女性ホルモンに似た働きを持つ成分であるため、女性であれば生理不順・不正出血などが起こることがあります。

生理不順を防ぎたい場合、低用量ピルを併用することが有効です。

また発生率はまれですが、高カリウム血症急性腎不全などの重い副作用が起こる可能性もあります。

万が一スピロノラクトンの服用後に倦怠感や脱力感、不整脈などが見られた場合、すぐに医師へとご相談ください。

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる