薄毛予防と生活習慣の改善

抜け毛や薄毛の原因には、AGA・FAGAによるものの他、乱れた生活習慣が原因となっている場合があります。

  

AGAやFAGAが発症している場合でも、生活習慣が乱れてしまうと症状が加速してしまうケースがあるとも言われています。

  

生活習慣を見直し改善することは、発毛・育毛には非常に大切な事です。

  

生活習慣を改善し、育毛の手助けをしてあげましょう。

睡眠と薄毛の関係

睡眠は育毛にとって最も重要な要素の一つとされており、髪を成長させる成長ホルモンは睡眠時に最も分泌されています。

  質の良い睡眠

成長ホルモンは、細胞の増殖や正常な代謝を促進させ、皮膚や筋肉などを育成・メンテナンスをしてくれる物質です。

入眠から2時間ほどで訪れる最初のノンレム睡眠時に特に分泌されるといわれてます。

  

睡眠の質を向上させる事と睡眠時間を十分確保することは髪の成長には必要となります。

  

古い情報では22時から翌2時までの4時間がもっとも成長ホルモンが分泌される時間とされていましたが近年では、入眠から 2時間ほどで訪れる最初のノンレム睡眠が最も成長ホルモンが分泌されるといわれています。

  

最初のノンレム睡眠が最も成長ホルモンを分泌することがわかっていますが、夜更かしが、問題ないということではありません。

  

日付が変わる前に入眠する方が夜更かししたときよりも成長ホルモンの分泌量が多いということがわかっています。

  

睡眠の質を向上させ、十分な睡眠時間をとることで、成長ホルモンの分泌を助け、髪の毛に良い環境を作ることができます。

運動で薄毛予防と抜け毛改善

  

適度な有酸素運動は血行を良くするほか、自律神経やホルモンバランスを整えてくれたり、ストレスを発散することができます。

  

有酸素運動を継続することは、筋肉量を増加させることを目的とした無酸素運動に比べ、白髪や脱毛のリスクを抑えることができるといわれています。

  

そして、有酸素運動は、様々な栄養素や酸素を髪の毛を生み出す毛乳頭細胞や毛母細胞に届ける毛細血管を増やす働きがあるとされています。

  

さらに、汗をかく事で、脱毛の原因であるDHTを排出する期待ができますので、適度な運動をすることで、脱毛のリスクを抑えることができます。

  軽い運動   

食事と薄毛の関係

偏った食生活は、育毛に必要な栄養素が不足してしまうことで、薄毛の原因になってしまうことがあります。

  食事のバランス

育毛に特に必要とされているのが、髪の毛の主成分とされている、たんぱく質です。

コラーゲン

コラーゲンと聞くと美肌によいイメージがあります。

コラーゲンには髪のキューティクルを整えて、ハリやコシのある健康な髪の毛にする効果が期待されています。

 

たんぱく質とともに合わせて摂りたいのが、亜鉛などを含むミネラルです。

  

ビタミンも髪の成長に大きく影響する栄養素と言われています。

ビタミンE

  

ビタミンEは血行促進の効果が期待できます。

  

ビタミンEを多く含む食品

  
  • ・アーモンド
  • ・ヘーゼルナッツ
  • ・小麦麦芽油
  • ・ひまわり油
  • ・小麦麦芽油
  • ・綿実油
  • ・アボカド
  • ・あんこう(肝)

ビタミンC

  

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進、頭皮や血管を丈夫にする効果が期待できます。

  

ビタミンCを多く含む食品

  
  • ・レモン
  • ・赤ピーマン
  • ・黄ピーマン
  • ・ゴーヤ
  • ・キウイフルーツ

ビタミンP

  

ビタミンPは、ビタミンCの吸収を補助し、ビタミンCが体内で十分機能するために補助する効果が期待できます。

  

ビタミンPを多く含む食品

  
  • ・シークワーサー
  • ・温州みかん
  • ・ゆず
  • ・オレンジ
  • ・すだち

飲酒による髪の毛への影響と薄毛の原因

適量を超えた飲酒は、髪の成長に必要なビタミンやアミノ酸を肝臓で消費してしまい、薄毛の原因となってしまいう場合があります。

  アルコール

しかし、お酒を飲むことが必ず、薄毛の原因となるわけではありません。

少量であれば、血行促進やストレスを解消することができますが、飲みすぎや毎日飲み続けてしまうと、5aリダクターゼと呼ばれる薄毛の原因物質が体内に作られてしまいます。

アルコールを分解するためにアミノ酸やビタミンなどの栄養素が消費されることで、髪の毛の成長に必要な栄養が不足してしまい、薄毛の原因となってしまうことがあります。

たばこの髪の毛への影響

たばこを吸うと、血管が収縮してしまい、髪に十分な栄養が行き届かなくなってしまうことで、髪の成長や健康に悪影響を与えてしまいます。

たばこにはニコチンが含まれており、ニコチンには血管を収縮させる作用があり、血管が収縮されたことで、血行不良を起こし髪や頭皮にダメージを与えることになってしまいます。

  

また、たばこを吸うと悪玉コレステロールの増加やビタミン不足、そして老化を早めてしまう活性酸素が増加し、抜け毛の原因となってしまうことがあります。

  たばこ

ストレスによる髪の毛への影響

ストレスが溜まると、様々な悪影響を身体に及ぼすことで、抜け毛の原因となってしまいます。

  ストレス   

頭皮の血行不良

ストレスを感じることで、自律神経がバランスを崩してしまいます。

自立神経は血液の流れをコントロールする働きがあるので、血液の循環が悪くなってしまいます。

その結果、頭皮の血行も悪くなってしまい、髪に十分な栄養が届かない状態になってしまうことで、頭皮が硬くなり髪が細くなってしまうので、抜け毛の原因となってしまいます。

  

ホルモンバランスの乱れ

ストレスを感じると、テストステロン(男性ホルモン)が過剰に分泌されます。

テストステロンの過剰分泌は、女性の更年期における抜け毛の原因として考えられています。

また、皮脂も多く分泌してしまうようになってしまうため頭皮環境が悪化してしまい、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

  

亜鉛の減少

ストレスを感じると、活性酸素が発生してしまい、新陳代謝を妨げられてしまいます。

そして、活性酸素を分解するために、体内の亜鉛が使われます。

ストレスを感じないようにすることは難しいと思いますが、ストレスを解消することは、自分で出来ます。

「運動で汗を流す・趣味・好きな音楽を聴く」たりして、気分転換でストレスを解消し、抜け毛を予防しましょう。

正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーの方法について詳しくは以下をご覧ください。

正しいシャンプーの方法

養毛剤・育毛剤・発毛剤の違い

養毛剤・育毛剤・発毛剤の違いについて詳しくは以下をご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)の症状

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる