AGA治療の専門用語集

AGA治療では普段の生活で聞きなれない言葉や専門用語がたくさん使われています。ここでは、そんな専門用語や言葉をわかりやすく簡単に解説していきます。

DHT(ジヒドロテストロテン)

脱毛症の仕組み

DHT(ジヒドロテストステロン)とは、薄毛の症状「AGA」の原因物質の一つと言われています。

男性ホルモンである「テストステロン」が、体内の酵素(5aリダクターゼ)と結びつき変換されることで作られる成分です。

「テストステロン」自体は直接AGAの原因にはなりませんが、上の画像の様にDHTに変化すると毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合し、脱毛因子(TGF-β)を増加させます。 TGF-βが脱毛を促す物質のFGF-5に伝達されることにより、脱毛するため、TGF-β増加は脱毛の促進に繋がります。

AGA治療薬の多くは、テストステロンと結びつく5aリダクターゼの働きを抑え、DHTの発生を阻害し、脱毛のリスクを低下させる成分が配合されています。

FGF-5

FGF-5は脱毛因子の一つで、髪の毛に脱毛の指示を出す物質です。 髪の毛には生え変わりの周期(ヘアサイクル)があり、髪の毛を成長期から退行期へ促す脱毛因子であるTGF-βからFGF-5へ指示が伝達され、脱毛を促します。 FGF-5は脱毛因子とされていますが、反対にFGF-5Sという発毛因子が存在することがわかっています。つまり脱毛しても発毛因子が働くことで、新たな髪の毛が生えてきます。

さらにこの発毛因子には、毛乳頭と結合し脱毛を遅らせる働きがあります。

発毛因子が減少し、脱毛因子が多くなるとヘアサイクルのバランスが崩れ、薄毛になってしまいます。

ヘアサイクル

正常なヘアサイクル

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え始め成長し、抜け落ちるまでの周期のことです。 健康な髪であれば、およそ3年~6年で【成長期】→【退行期】→【休止期】という流れを経て脱毛します。この流れの中でも約9割の期間が成長期とされています。

休止期(2~3か月)が終わると、また新たに髪の毛が生え、ヘアサイクルが繰り返されます。

AGA(男性型脱毛症)になってしまうと、成長期が短くなり、細く短い髪の毛が増え、早い段階で退行期になり脱毛してしまいます。

毛包

毛包とは、毛穴の中にある毛根を包み、髪の毛を作り出す組織です。通常、1㎝の範囲内に20個程度あるといわれています。 発毛以外にも皮膚呼吸や皮脂の分泌、汗を出すなどの役割を持っています。 また毛包には、男性ホルモンの受容体(アンドロゲンレセプター)があり、男性ホルモン(DHT)と結合することでAGA(男性型脱毛症)の原因の一つとなってしまいます。

この受容体は、主に頭頂部や額の生え際に多く存在しており、後頭部には存在しません。AGAの症状が額の生え際や頭頂部に現れ、後頭部の髪の毛が残るのはこの為です。

毛包について

5aリダクターゼ

5aリダクターゼとは、体内にある酵素の1つです。DHT(ジヒドロテストステロン)というAGAの原因になる男性ホルモンの生成に関わる物質として知られています。
5aリダクターゼには、2種類のタイプがあります。

  • Ⅰ型5αリダクターゼ (皮脂腺に多く存在する)
  • Ⅱ型5αリダクターゼ (前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在する)

AGAでは前頭部や頭頂部から進行することで、AGAではⅡ型5αリダクターゼの影響を強く受けると考えられています。

Ⅱ型5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結合することで、脱毛の原因となるDHTへと変換されます。
5αリダクターゼは遺伝の影響によりその量が決まると言われ、5αリダクターゼの多い方はAGAになる確率が高くなります。

5αリダクターゼ

TGF-β

TGF-β(トランスフォーミング増殖因子ベータ)とは、髪の毛を作り出す毛母細胞の活動を抑えてしまう脱毛因子の一つです。
髪の成長期は本来であれば3~6年ありますが、TGF-βが働くと髪の毛の成長期が止まり、退行期へと移ってしまいます。その後、脱毛を促す物質に伝達され、未成長の髪の毛が抜けてしまうのです。

弱毛化(軟毛化)

弱毛化(軟毛化)は、髪の毛が細く柔らかくなってしまった状態を言います。
一般的に聞きなれない言葉ですが、AGA特有の症状で、DHTの影響を受けた毛包が健康な髪の毛を生産することができなくなってしまうことで、ハリのない細い髪の毛になってしまいます。
髪の毛が細いとハリが無いため髪の量がボリュームダウンし、髪の毛の密度も低くなるため、頭皮が見えるようになる、いわゆる薄毛の状態になります。
この状態を放置してしまうと髪の毛がどんどん弱くなってしまい、最終的には髪の毛の生産に影響を及ぼす恐れがあります。

初期脱毛

初期脱毛とは、AGA治療薬の効果により、もともとあった髪の毛が押し出され、抜け落ちてしまう症状です。
AGA治療薬を服用し始めてから1~2週間ほどで現れる症状で、薬の成分が頭皮に吸収されてきた証拠です。

治療を始めた、ほとんどの人が経験する症状で、個人差はありますが、平均すると1か月ほどで収まるといわれています。

この時に抜けてしまう髪の毛は、AGAの影響により細く弱々しい髪の毛です。ヘアサイクルが正常になり、強くて丈夫な毛が生える準備段階とされています。

不安になると思いますが、しばしの辛抱で乗り切ることが大切です。

初期脱毛

医療ローン(メディカルローン)

医療ローン(メディカルローン)とは、医療費が高額になってしまった場合や保険が適用されない治療費が発生した際に組むことができるローンです。
保険が適用されない自由診療などでは、治療費が高額になってしまうことで、「継続した治療ができない・医療費が高額で治療することができない」などといった悩みを解消するためのものです。
AGAの治療も自由診療となり、治療してすぐに改善できるものでは無く、長期間かかると言われています。医療ローンを利用する場合、納得できる治療内容と、無理のない料金であるかを十分に考慮することをおすすめします。

医療ローン

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる