AGA治療の専門用語集

AGA治療では普段の生活で聞きなれない言葉や専門用語がたくさん使われています。

  

ここでは、そんな専門用語や言葉をわかりやすく簡単に解説していきます。

DHT(ジヒドロテストステロン)

DHTはAGAの原因物質の一つとされています。

DHTは、男性ホルモン(テストステロン)が、5aリダクターゼという酵素により、結合し変換された成分です。

男性の場合、テストステロンは主に睾丸から分泌され、血液によって身体全体をめぐり、細胞内に入ります。

テストステロンは、【筋肉の発達・体毛が濃くなる・性欲が高まる・皮脂の分泌を促進させる】などの役割をするホルモンです。

テストステロンが多いことによってAGAの原因にはなりませんが、このテストステロンと5aリダクターゼという酵素が結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、毛包細胞を委縮させる原因となります。

DHTは直接細胞に働きかけるのではなく、毛乳頭に存在する男性ホルモンの受容体と結合することで、脱毛因子(TGF-β)を増加させます。

TGF-βが、もう一つの脱毛因子「FGF-5」に伝達されることによって【髪の毛が抜ける】ように脱毛指令が出ます。

脱毛症の仕組み

AGA治療で用いられている薬の多くが、このDHTが発生することを抑える成分が配合されています。

DHTが抑えられることで男性ホルモン受容体と結合されることを防ぎ、脱毛のリスクを低下させます。

FGF-5

FGF-5は、毛乳頭に働きかけ、脱毛の指令を出す、薄毛の原因物質です。

毛乳頭は髪の指揮官であり、髪の成長や劣化を切り替えるカギとなります。

FGF-5は、毛乳頭に脱毛の指令を出すことで、髪の毛が成長する以前に退行期へと移行させ、正常な【ヘアサイクルを乱す】ことで薄毛になってしまいます。

FGF-5は「脱毛因子」とされていますが、反対にFGF-5Sという「発毛因子」が存在することがわかっています。

この発毛因子は、髪の毛が抜けることを防ぐ働きを持っていますが、年齢を重ねるごとに減少していってしまいます。

そして、髪の状態は「発毛因子」と「脱毛因子」のバランスで決まります。

発毛因子よりも脱毛因子が多くなってしまうことで薄毛になってしまいます。

また、FGF-5S以外で、「FGF-7」や「FGF-10」という因子も発毛因子とわかっています。

  

ヘアサイクル

髪の毛には、「生える」「抜ける」を繰り返す、ヘアサイクルがあります。

健康な髪であれば、およそ3年~6年で【成長期】→【退行期】→【休止期】という流れを経て脱毛します。

この流れの中でも約9割の期間が成長期とされています。

【成長期】

成長期では細胞分裂が活発に行われていることで、新しい髪の毛が太く伸びます。

健康な髪であればこの期間は6年程続くとされています。

成長期には3つの段階があります。

1 髪が生まれる最初の段階で、古い髪が根元から離れると同時に、奥の毛母細胞が分裂し始め、新しい髪を作ります。

2 新しい髪が成長し、古い髪を押し出します。この段階になると、古い髪がシャンプーやブラッシングなどで、簡単に抜けてしまいます。

3 古い髪が抜け落ち新しい髪の毛が強く成長するようになり、男性でおよそ3~5年、女性で4~6年、続くとされています。

成長期の期間が短くなってしまう症状が、AGA(男性型脱毛症)と言われています。

また、近年では女性でもホルモンバランスを崩してしまい、男性ホルモンが優位に立ってしまうことで同じ症状が現れ、FAGA(女性型脱毛症)が増えてきているといわれています。

【退行期】

毛母細胞の寿命が訪れ、細胞分裂が行われなくなり、髪が成長しなくなってしまいます。

そして、髪の毛が毛母細胞から離れていき、2週間ほどかけて、完全に成長がとまってしまいます。

【休止期】

毛母細胞での細胞分裂がとまってしまい、休止期に入ることで脱毛が始まります。

成長がとまった髪の毛は、頭皮表面に向け徐々に抜け落ちる準備をします。

そして、奥の毛母細胞では新しい髪の毛を生み出す準備が始まります。

髪の毛は平均的に約10万本ほどあるといわれており、1日に50~100本ほどの髪の毛が自然に抜け落ちるといわれています。

しかし、生えてくる髪も同程度あるので、抜ける髪と生える髪のバランスが保たれていれば髪の毛が減ることはありません。

AGAでは、このヘアサイクルにおける成長期の期間が短い髪の毛が増えてしまうことで、生える髪よりも抜ける髪が上回ってしまい薄毛になってしまいます。

正常なヘアサイクル

毛包

毛包は毛根を包んでいる髪の毛を作り出す大切な組織で実際に目で見て確認できる部分は毛穴です。

通常、1㎝の範囲内に20個程度あるといわれています。

発毛以外にも皮膚呼吸や皮脂の分泌、汗を出すなどの役割を持っています。

皮脂が毛穴に詰まってしまうと角栓になり毛穴が塞がってしまうことで、機能が低下してしまいます。

毛包の機能が低下してしまうと、髪の毛の生産も止まってしまう場合があります。

また毛包には、男性ホルモンの受容体があります。

この受容体と男性ホルモンが結合することでAGAとなってしまいます。

この受容体は、すべての毛包にあるわけではなく、頭頂部や額の生え際に多く存在しており、後頭部には存在しません。

AGAの症状が額の生え際や頭頂部に現れ、後頭部の髪の毛が残るのはこの為です。

  

5aリダクターゼ

5aリダクターゼはAGAの原因物質の一つとされており、2種類のタイプがあります。

・Ⅰ型5αリダクターゼ (皮脂腺に多く存在する)

・Ⅱ型5αリダクターゼ (前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在する

AGAでは前頭部や頭頂部から進行することで、AGAでは【Ⅱ型5αリダクターゼ】の影響を強く受けていると考えられています。

このⅡ型5αリダクターゼはテストステロンと結合することで、DHTへと変換されます。

DHTは毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体とさらに結合し、脱毛因子へと変換され、脱毛の原因となってしまいます。

  

TGF-β

TGF-βは、毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制する因子で、作用が高まってしまうと髪の毛が成長期から退行期へと移行してしまいます。

髪の毛の成長にとって、最も害を与える因子であると考えられており、TGF-βに脱毛指令が伝達されることで、FGF-5に伝達され、髪の毛が抜け落ちてしまいます。

TGF-βは男性ホルモンが5aリダクターゼと結合し、DHTへと変換され、DHTが男性ホルモン受容体とさらに結合することで増殖していきます。

その作用は、本来であれば、まだ成長期であるはずの髪を退行期へとスイッチさせてしまいます。

髪の成長期は本来であれば3~6年とされていますが、TGF-βがFGF-5に脱毛指令を出すことにより、ヘアサイクルが乱れ、発毛よりも脱毛がふえてしまい、薄毛になってしまいます。

  

弱毛化(軟毛化)

弱毛化(軟毛化)は、髪の毛が細く柔らかくなってしまった状態を言います。

一般的に聞きなれない言葉ですが、AGA特有の症状で、DHTの影響を受けた毛包が健康な髪の毛を生産することができなくなってしまうことでハリのない細い髪の毛になってしまいます。

この状態を放置してしまうと髪の毛がどんどん弱くなってしまい、最終的には髪の毛を生産するこができなくなってしまいます。

  

初期脱毛

初期脱毛は、AGA治療薬の効果で弱った髪の毛が外へ押し出され、抜け落ちてしまう症状です。

AGA治療薬を服用し始めてから1~2週間ほどで現れる症状で、薬の成分が頭皮に吸収されてきた証拠です。

治療を始めた、ほとんどの人が経験する症状で、個人差はありますが、平均すると1か月ほどで収まるといわれています。

この時に抜けてしまう髪の毛はAGAの影響によって、細く弱々しい髪の毛が抜け落ちて、強くて丈夫な毛が生える準備段階とされています。

  

メディカルローン

メディカルローンは、医療費が高額になってしまった場合や保険が適用されない治療費が発生した際に組むことができるローンです。

保険が適用されない自由診療などでは、治療費が高額になってしまうことで、「継続した治療ができない・医療費が高額で治療することが できない」などといった悩みを解消するためのモノです。

また、クリニック側が自社でローンを設けている場合もあります。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる