5aリダクターゼとは?抑制・阻害方法も解説!

5aリダクターゼとは?男性画像

薄毛について調べていると、5aリダクターゼという名前を必ず目にするはずです。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、5aリダクターゼは体内の酵素であり、薄毛が起こるメカニズムに深く関係しています。

ここでは、5aリダクターゼとはどのようなものであるのか、またその対策方法をわかりやすく説明しています。

正しく知ることで、薄毛対策として役立てていただけるはずです。

5aリダクターゼとは?

5aリダクターゼは体内に存在する酵素の1つで、人間がもともと持っているものです。

5a還元酵素とも呼ばれ、男性ホルモンであるテストステロンを、「DHT(ジヒドロテストステロン)」というより強力な男性ホルモンへ還元する働きを持っています。

DHTは悪玉男性ホルモンとも呼ばれ、毛乳頭細胞の受容体に結びつき脱毛を引き起こしてしまいます。

5aリダクターゼの分泌量と、テストステロンとの結合のしやすさには個人差があり、遺伝による影響が大きいことが明らかになっています。

5aリダクターゼの分泌量が多く、テストステロンと結合しやすい体質であれば薄毛になりやすく、分泌量が少なく、テストステロンと結合しにくい体質であれば薄毛にはなりにくいと言うことです。

このように薄毛の間接的な原因である5aリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型が存在します。

  • Ⅰ型5aリダクターゼ・・・側頭部や後頭部の皮脂腺に多くが存在する
  • Ⅱ型5aリダクターゼ・・・前頭部、頭頂部の毛乳頭に多く存在する

この2つのうち、男性の薄毛の原因となりやすいのは前頭部、頭頂部など、薄毛が進行しやすい部位に多く存在するⅡ型の5aリダクターゼであると言われています。

5aリダクターゼの抑制・阻害方法

薄毛の間接的な原因とも言える5aリダクターゼですが、薄毛の予防や改善を行うのであれば分泌量を少なくしたり、テストステロンとの結合を防ぐなどの対策が必要になります。

5aリダクターゼの分泌量やテストステロンとの結合のしやすさは、遺伝による影響を大きく受けていることは説明しましたが、遺伝であるからと諦める必要はありません。

5aリダクターゼを抑制、阻害する方法はいくつかあるので、それらについて効果のあるものから説明します。

治療薬を使用

医薬品

5aリダクターゼの働きを阻害するために最も有効は方法は、薄毛治療薬を使用することです。

サプリメントや漢方薬とは異なり、医薬品である薄毛治療薬は薄毛の予防と改善に高い効果を発揮します。

薄毛治療薬は抗アンドロゲン薬と呼ばれています。

アンドロゲンとは男性ホルモンを指し、抗アンドロゲン薬はその名の通り男性ホルモンによる影響を阻害する医薬品です。

正確な作用機序としては、還元酵素である5aリダクターゼの働きを阻害し、テストステロンとの結合を防ぐことで、脱毛を引き起こす強力な男性ホルモンであるDHTの生成を防いでいます。

このような作用を持つ薄毛治療薬は医学的に効果が証明された効果を持ち、現代では薄毛に悩む多くの方に選ばれています。

人気の治療薬

現在、薄毛治療薬として用いられている医薬品成分には「フィナステリド」「デュタステリド」の2つがあります。

フィナステリドは、日本では2005年から薄毛治療薬として厚生労働省から認可されており、先発薬は「プロペシア」の名称で医療機関で処方されています。

プロペシアは2015年には特許が切れたため、現在では様々な製薬メーカーから同一の効果を持ちながらより薬価を抑えたジェネリック(後発医薬品)が販売されています。

薬品名 錠数 価格
プロペシア(先発薬) 1箱28錠 7,000~10,000円程度
フィナステリド(ジェネリック) 1箱28錠 4,000~7,000円程度

フィナストリドの効果は、Ⅱ型の5aリダクターゼの働きを阻害することで、男性ホルモンテストステロンとの結合を防ぎ、脱毛を引き起こすDHTへと還元されるのを防ぐものです。

この効果によって薄毛の改善、進行の抑制に高い効果を発揮します。

日本皮膚科学会の『男性型および女性型脱毛症診断ガイドライン』では、内服1年で58%の方に毛量の増加が確認され、内服3年では78%の方に毛量の増加が確認されるといった結果が発表されています。

このように薄毛治療において高い効果を持つフィナステリドですが、フィナステリドを有効成分とした医薬品には、以下のような副作用があります。

  • 性欲の減退
  • 勃起機能不全
  • 精液量の減少

このような男性機能障害の発症率は全体の1%程度と決して高くはありませんが、体質やこれまでかかった病気、ストレスや疲れの溜まり具合などでも変わってきます。

男性機能障害の他には、AST、ALTの上昇などの肝機能障害が0.2%程度の割合で見られています。

医薬品である以上なんらかの副作用が起きる可能性はありますが、フィナステリドは他の医薬品と比べても副作用の発現率は低く、重篤な症状もありません。
このようなことからも、フィナステリドは比較的安全性の高い医薬品であると言えます。

フィナステリドについて説明しましたが、ここからは薄毛治療として用いられているもう一方の「デュタステリド」について説明していきます。

デュタステリドは2015年に厚生労働省から男性における男性型脱毛症の治療薬として認可されました。

翌年の2016年にはカプセル型の内服薬「ザガーロ」の名称で販売、処方が開始された新しい医薬品です。

ザガーロはプロペシアよりも高めの価格設定であることがほとんどで、30カプセルで8,000円から15,000円程度の金額となっています。

デュタステリドを有効成分とするザガーロの効果はフィナステリドと同様で、5aリダクターゼの働きを阻害することによるDHTの生成の抑制です。

しかし、フィナステリドがⅡ型の5aリダクターゼのみを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型の5aリダクターゼの働きも阻害することができます。

このため、薄毛が起きやすい前頭部や頭頂部だけでなく、Ⅰ型の5aリダクターゼが多く存在する側頭部や後頭部の薄毛に対する改善効果も期待することができます。

また、Ⅱ型の5aリダクターゼに対する阻害効果もフィナステリドに比べて高いことが明らかにされています。

このようなことから、デュタステリドはフィナステリド以上に薄毛の改善、進行の抑制に対する高い効果を持っていると言えます。

しかしながら、デュタステリドにも副作用が存在します。
デュタステリドの主な副作用はフィナステリドと同じく男性機能障害です。

ただし、デュタステリドは薬が体内で作用し続ける時間を表す半減期が長いため、フィナステリドに比べると副作用の発現率は高くなります。

デュタステリドの副作用では、男性機能障害のうち、勃起不全が4.3%、性欲の減退が3.9%という実験の結果が発表されています。
この副作用の発現率はフィナステリドに比べれば高いものの、医薬品全体の中での副作用の発現率は決して高くはありません。
重篤な副作用もないことなどからも、デュタステリドは比較的安全性の高い医薬品であると言えます。

治療薬の購入方法

フィナステリドやデュタステリドを有効成分とする薄毛治療薬は、薬局やドラッグストアなどでの店頭販売はされておらず、病院やAGAクリニックなどの医療機関で処方を受け購入することになります。

その他にも、個人輸入代行という形態をとった海外通販サイトで、安価に販売されていることもありますが、結論から言ってしまえば、薄毛治療薬の購入はAGAクリニックなどの医療機関から行うべきです。

医薬品を海外から通販で購入することは、個人的な使用の場合のみで認められています。
しかし、購入できる医薬品の多くは発展途上国製のジェネリックです。

医薬品としての品質や安全性は、日本国内製薬メーカーと比べるとどうしても劣ってしまいます。

また、もう1つの大きな問題点として、粗悪な偽造品が流通の際に混入してしまうというものがあります。

発展途上国では、未だに粗悪な偽造医薬品が一部流通しており、それらの多くは有効成分による効果を得られないばかりか、健康被害を起こす危険性があるようなものです。

製薬メーカーが行なった調査では、個人輸入として日本に輸入された医薬品の約60%は偽造品であったという結果も出ています。

このような理由から、薄毛治療薬は確かな品質と安全性を持った国内製薬メーカーの治療薬を取り扱う医療機関から処方を受けることが望ましいと言えます。

中でも当サイトがおすすめしているクリニックとして、「東京スカルプクリニック」があります。
東京スカルプクリニックでは、プロペシア、ジェネリックのフィナステリド、ザガーロのいずれの治療薬も国内クリニックの平均相場より低めの価格設定で処方を行なっています。

銀座駅や有楽町駅からすぐにアクセスできる立地条件などからも人気のクリニックです。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

日常生活から改善

牡蠣

特定の栄養素を効率よく摂取することで、ある程度の5aリダクターゼは阻害できると言われています。

その中でも特に効果が高いとされる栄養素に「亜鉛」があります。亜鉛は生ガキ、レバー、牛肉、うなぎなどに豊富に含まれています。

また、近年ではウーロン茶の成分に5aリダクターゼを阻害する効果が認められたと発表されています。

  • 亜鉛
  • ビタミンB
  • イソフラボン

5aリダクターゼの働きを阻害できる栄養素をまとめましたが、これらの食材を含む食事を日頃から心がけることで、ある程度の薄毛対策を行うこともできます。
しかし、医薬品ほどの即効性や効果の確実性はないということは覚えておきましょう。

サプリメントを使用

サプリメント

普段の食事だけで5aリダクターゼを阻害、抑制するために十分な栄養素を摂るのも簡単ではありません。

そのようなときは、サプリメントを利用することで効率的に必要な栄養素を摂取することができます。

亜鉛やビタミンB、イソフラボンなどのサプリメントは多くのメーカーから製造、販売されており、薬局などでも手軽に購入することができます。

その他にも、近年では「ノコギリヤシ」という植物の成分に、5aリダクターゼを阻害する効果があると言われていますが、このノコギリヤシのサプリメントも薬局などで購入ができます。

店頭で購入でき、食事よりも効率的に栄養を摂取できるサプリメントですが、やはり医薬品ほどの即効性や効果の確実性はないということも覚えておきましょう。

5aリダクターゼについてまとめ

5aリダクターゼとはどのようなものであるのか、またその対策方法について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

このページの要点をまとめると以下のようになります。

  • 5aリダクターゼは男性ホルモンと結合することで脱毛を引き起こす
  • 5aリダクターゼの量などは遺伝的な要因が大きく影響する
  • 5aリダクターゼの抑制には「フィナステリド」「デュタステリド」2つの治療薬が最も有効
  • 治療薬の購入は医療機関からの処方が安全の面などで望ましい

5aリダクターゼを阻害、抑制することは、薄毛の改善と進行抑制にとって最も重要であると言えます。

5aリダクターゼの阻害は、治療薬の服用が最も高い効果を得ることができますが、AGAクリニックでは食事など、生活習慣全般に関する相談の受付けやアドバイスも行なっています。

当サイトがおすすめしている東京スカルプクリニックをはじめ、無料のカウンセリングを行なっているクリニックもあるので、少しでも薄毛の状態が気になったのであれば、まずはカウンセリングだけも受けてみてはいかがでしょうか。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる