AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA(男性型脱毛症)とは?

薄毛は、成人男性のおよそ1/4に現れる症状と言われています。

薄毛の症状にはいくつか種類があり、その1つにAGA(男性型脱毛症)があります。薄毛の大半がこのAGAで、AGAは男性ホルモンが原因です。

こちらではそんなAGAについて、原因から治療方法まで徹底解説しています。

AGAはこれまで改善の難しいものと諦めていた方がほとんどでしたが、現在は改善が可能な症状です。

日本のAGA事情

日本全国にはおよそ4000万人の成人男性がいます。

日本医事新報の調査では、このうちAGAを意識している男性だけでも推計1260万人いるとされています。

さらに薄毛を気にしている男性が800万人、あわせると成人男性の約半数が薄毛に対してなんらかの意識を持っていることになります。

年齢 薄毛を気にする割合
20代 10%
30代 20%
40代 30%
50代~ 40%

引用:板見 智:日本人成人男性における毛髪(男性型脱毛)に関する意識調査.日本医事新報 2004; No.4209: 27-29より

AGAは1~7段階に分類される

AGAは、薄毛の進行状況を分かりやすく図にした「ハミルトン・ノーウッド分類」を指標に診断が行われます。

AGAの症状は以下の図にあるように、1~7段階(13種類)に分類されています。

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAは進行型の症状です。薄毛のセルフチェックを行うことで自分の薄毛の進行具合を確認し、早めの対処を行うことができます。

段階 薄毛の状態 抜け毛の本数
I型 おでこの生え際から少し薄毛が始まり、M字型に髪の毛が後退し始める状態。 3,000~4,000本
II型(IIa型、II Vertex型) I型の進行した状態。M字型の後退がより進み、さらに切れ込みが強くなります。IIa型は前頭部が全体的に後退します。
II Vertex型は、II型の薄毛に加えて、頭頂部にも薄毛が見られます。
5,000~8,000本
III型(IIIa型、III Vertex型) II型がさらに進行した状態。M字型の切れ込みがさらに深くなり、M字型の中央部も薄毛になります。
IIIa型は前頭部から頭頂部にかけて全体的に後退します。
III Vertex型は、III型の薄毛に加え、頭頂部にも薄毛が見られます。
9,000~15,000本
IV型(IVa型) III型がさらに進行した状態。頭頂部にO字型の薄毛が出始めます。
IVa型は前頭部から頭頂部にかけてさらに後退し、薄毛が前頭部と頭頂部に薄毛が残る状態です。
15,000~25,000本
V型(Va型) IV型がさらに進行した状態。生え際の後退が進み、O字型の薄毛の範囲も広がります。M字型の中央部分が残ります。
Va型は前頭部には毛がほぼなく登頂部に薄毛が残る状態です。
25,000~35,000本
VI型 M字型とO字型の薄毛が繋がり、側頭部と後頭部に発毛が残る状態です。 35,000~45,000本
VII型 VI型がさらに進行した状態です。側頭部の薄毛も進み、全体的に頭髪が減り、後頭部の耳の近くと、首に近い側頭部に頭髪が残ります。 45,000~60,000本

人の頭皮には約4万個ほどの毛穴があり、1つの毛穴から2~3本の毛髪が生えていて、正常な成人男性の髪の毛の本数は、およそ10万本と言われています。

Ⅲ型で全体の1割、Ⅴ型で3割、Ⅵ~Ⅶ型で半分以上の髪の毛が抜けている事が分かります。

日本人に多い薄毛のタイプは?

薄毛には大きく分けて3種類のパターンがあります。

●M字型

M字型

額の生え際から徐々にM字の剃りこみ部分に薄毛が進行していきます。最終的にはM字の中央が薄くなりU字型の薄毛に進行します。

●O字型

O字型

つむじの辺りからO字型に、徐々に薄毛が進行する症状です。

●U字型

U字型

前頭部が全体的に後退しながらM字の中央部分を侵食するように薄毛が進行し、U字になるという症状です。

日本人を含むアジア人にはO字型の脱毛症が多く見られ、欧米人にはM字型の脱毛症が多く見られます。

ハミルトン・ノーウッド型の薄毛の分類は、欧米人向けに作られた指標です。実際には日本人の薄毛の進行パターンが全て当てはまるものではありません。

そこで、日本人向けの薄毛の指標が必要になります。

ハミルトン・ノーウッド分類に補足したものが「高島分類」と呼ばれる指標です。

高島分類

高島分類では、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅱa型までは「Non-bald=薄毛ではない」と判断されます。

女性の脱毛症も男性ホルモンが関係している?

薄毛は男性だけの症状ではなく、女性にも見られる症状です。

AGAのように、ヘアサイクルが乱れることで正常な髪の毛の成長ができず成長途中で脱毛してしまう症状で、FAGA(女性男性型脱毛症)という名称で呼ばれています。

FAGA(女性男性型脱毛症)について

AGA(男性型脱毛症)の症状

AGAとは進行性のある脱毛症です。

症状の初期段階では、脱毛量や細い髪の毛が増えたぐらいで特に見た目の変化はありません。

しかし症状が進行すると、額の生え際から髪の毛が無くなり頭頂部の地肌が見えるようになります。

M字型やO字型に脱毛する状態です。

AGA(男性型脱毛症)の症状について

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAの原因はヘアサイクルの乱れです。ヘアサイクルとは、髪の毛の成長のサイクルのことです。

通常であれば髪の毛は2~6年かけて成長しますが、AGAでは数か月~1年で髪の毛が抜け落ちてしまいます。

ヘアサイクルを乱す原因が、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。DHTは、頭皮にある受容体と結び付くことで脱毛因子を活性化させ、成長途中の髪の毛を脱毛させる働きがあります。

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素である「5αリダクターゼ」の代謝により作られます。

AGAは遺伝からの影響が大きい事が分かっています。

もともと遺伝によりDHTと結びつく受容体が多かったり、「5αリダクターゼ」の量が多い方は、薄毛になる確率が高くなります。

AGA(男性型脱毛症)の原因について

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

AGA(男性型脱毛症)の主な治療方法として以下のものが挙げられます。

・AGA治療薬(服用・外用)
・メソセラピー・HARG療法
・LED照射療法
・植毛
・カツラやヘアコンタクトの使用

AGA治療薬は、AGAの改善に第一選択とされる治療法です。

AGA治療薬で改善が見られない場合には育毛メソセラピーやHARG療法などの施術を行い、より効率的に改善を行います。

すぐに薄毛を改善するには植毛が適していますが、価格が非常に高額になる場合が多く、植毛後にもメンテナンスが必要になるなどデメリットもあります。

早急に見た目を改善する方法として、カツラやヘアコンタクトを使用しながらAGA治療薬と併用する方法もあります。

AGA(男性型脱毛症)の治療方法について

AGA(男性型脱毛症)の治療期間は?

AGAの治療期間は、およそ数か月~1年と言われています。

AGA治療薬での治療を開始すると数か月から半年ほどで改善が現れ始め、1年ほど経つと見るからに変化が分かるほど毛の量が増え、改善している人が多いです。

しかし、治療期間には個人差があるため、必ずしも上記の期間で改善するものではありません。

それは頭皮の状態、生活習慣、治療方法など、ヘアサイクルが正常に戻すまでの期間が異なってくるためです。

早ければ3か月ほどで生えてくる人、遅い方では1年以上かかる人もいます。

AGA治療薬などの投薬による治療の場合、AGAは進行性の症状のため完治することはあありません。

ある程度毛量が増えてきたら投薬量を抑え、治療を継続する方法が取られます。

完治に近い治療法である植毛の場合、施術により直接毛包ごと移植します。

植毛の治療期間は、植毛する範囲によって異なります。

範囲が少なければ1日、範囲が広ければ数回に渡り施術を行うため、施術に数日かかります。

AGAは早期発見&治療が大切

AGAは早期に発見して治療を行うことが大切です。

症状が進行して無い状態で治療を行うことができれば、改善に時間も費用も掛けないで済みます。

AGA(男性型脱毛症)を治療・改善する場合、皮膚科のあるクリニックやAGA専門のクリニックなど医療機関への相談が推奨されています。

その中でもおススメなのが、AGA専門のクリニックです。

皮膚科でもAGAの治療を行っていますが、頭髪となると専門では無いためAGA治療薬を処方するだけの治療になる場合があります。

AGA専門のクリニックでは、医師やカウンセラーに治療の悩みや治療方法などの相談が可能です。さらに無料でカウンセリングを受けられる場合も多いため、気軽に足を運ぶことができます。

確実性があり、安心して治療を任せられるAGA専門のクリニックを選ぶことをおススメします。

AGA(男性型脱毛症)についてのまとめ

このページをまとめると以下になります。

・AGA(男性型脱毛症)は進行性のある症状
・セルフチェックにより早期発見&治療が大切
・薄毛の指標(ハミルトン・ノーウッド分類や高島分類)により、薄毛の状態を確認出来る
・適切にAGAの改善を行うためには、AGA専門クリニックで治療を行うのがおススメ
・皮膚科などでもAGAの治療を行っていますが、専門ではない

この記事を書いた人 佐藤昭仁

クリカクの管理人。30代になってから薄毛が気になりいろんなAGAクリニックを実際に体験した。メソセラピーは針が怖いからノーニードル派!今は生えそろってきたので薬のみの治療をしてる。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる