AGA(男性型脱毛症)の治療・対策方法とは?

AGA(男性型脱毛症)の治療・対策方法とは?

成人男性に見られる薄毛の症状のAGA(男性型脱毛症)は、年齢を重ねるごとにあらわれやすくなりますが、現在若い方にも見られるなど、年代に関係無くお悩みの方が多い特徴があります。

現在AGAには様々な治療・対策方法がありますが、実際に「どんな治療があるのか」、「自分にはどの治療が合っているのか」など、わからないことが多いと思います。

こちらでは、AGAの治療・対策方法の種類や治療方法について解説しています。

これからAGAの治療をお考えの方は治療法を選ぶ上で参考になりますので、知っていて損はありません。

AGAは専門クリニックや病院で治療ができる

「抜け毛が増えた」
「おでこが後退してきた」
「ボリュームダウンでセットが決まらない」

これらはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる、進行性のある薄毛の症状です。

ここではAGA(男性型脱毛症)の治療方法を紹介するため、原因や症状などについては下記記事をご確認ください。

AGA(男性型脱毛症)とはについて

AGA(男性型脱毛症)の原因について

AGA(男性型脱毛症)の症状について

年配になるほどこの症状が現れやすくなるもので、日本の成人男性のおよそ4人に1人はAGAの症状が現れると言われています。

しかしAGAは治療することが可能です。

AGAの専門クリニックや、皮膚科の病院などの医療機関で治療が行われています。薄毛が気になり改善をお考えの方は診察を受けることをおススメします。

特にAGA専門クリニックは、治療前にカウンセリングや無料相談を行っている所が多く、自分の症状を確認してから適切な治療を行う事ができます。

とはいえ、どんな治療を行っているかを詳しく知らない方も多いと思います。

以下では、AGAの治療法や対策について解説していきます。

AGA治療薬

AGA治療薬

AGAの治療では、まず薬を使った治療が検討されます。

男性の薄毛の治療が一般的になったのは、AGA治療薬が使いやすく価格が手頃になったためと言われています。

薬には以下の2種類あります。

・服用タイプ
プロペシア
ザガーロ

・外用タイプ
ミノキシジル

服用タイプの薬が開発されてから、薄毛の治療は大きく変わったと言われています。

外用タイプのものは薬の作用機序が違うため、服用タイプとの併用が可能な上に効率良く薄毛の治療を行う事が出来ます。

AGA治療薬は以下で詳しく説明していますので、是非ご覧ください。

薄毛(AGA・FAGA)治療薬の比較

AGA治療薬で効果が出にくい人は?

AGA治療薬で効果が出にくい人は?

AGAの症状がだいぶ進行している状態では、いくらAGA治療薬の効果が高いからといっても、十分な効果が得られない場合もあります。

その場合、AGA治療薬以外の治療法も考える必要があります。

以下では、より積極的な治療が行える方法をご紹介します。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、発毛を促す成分や髪の毛の成長に必要な栄養素が含まれたカクテル液を直接頭皮に注入する方法です。

メソセラピーには注射器を使い針で注入するタイプと、針を使わない電磁波や炭酸ガス、レーザーでカクテル液を患部に浸透させるタイプがあります。

針を使わない方法は痛みも少なく、ストレスなく治療が行えます。

クリニックによりカクテル液の配合が異なります。中にはAGA治療薬の成分の入っているものもあります。

発毛因子や髪の毛の成長に必要な成分のみの場合、AGA治療薬との併用により、AGAの改善をより効率的に行うことが出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。

育毛メソセラピーの効果や副作用

HARG療法

HARG療法とは、毛髪再生療法(Hair Re-generative theraphy)の頭文字が由来の治療方法です。

メソセラピーと同様に成長因子を頭皮に注入する方法ですが、HARG療法はヒトの幹細胞を利用します。幹細胞とは特定の働きをする細胞に分かれるという特徴があり、髪の毛発毛や育毛に効果的です。

安全性が高く男女共に受けることの出来る施術ですが、特定の技術を持った専門クリニックでしか行われていません。

詳しくはこちらをご覧ください。

HARG療法の特徴や発毛・育毛効果

植毛治療

植毛は薄毛の改善の方法としては歴史が長い施術方法です。

植毛の方法には以下の2種類あります。

・自毛植毛
自分の頭皮から毛根を取り出し、薄毛の部分に埋め込む方法

・人工植毛
ポリエステルやナイロン製の人工の髪の毛を、頭皮に埋め込む方法

現在は植毛は主に自毛植毛を意味し、人工植毛を行うケースはあまりありません。

自毛植毛には、以下のメリットがあります。
・根本的な改善
・拒絶反応がい起きにくい
・メンテナンスの必要が無い

しかし、高額な料金や傷跡が残るなどのデメリットもあります。

植毛について詳しくはこちらをご覧ください。

植毛の値段や自毛・人工植毛について

その他の治療や対処法

AGAの治療には時間がかかるものが多いため、一時的な見た目の改善や、治療薬や施術の補助的な治療があります。

治療の組み合わせを行うことで、効率の良い治療を行う事ができます。

治療薬の服用や施術以外の薄毛改善の方法として、以下のものがあります。

カツラ

カツラ

カツラ(ウィッグ)は男女共に使用できる薄毛改善のアイテムです。

体に対して施術や投薬を行うことが無く頭に装着するだけなので。簡単に使用することができます。

髪が生えそろうまでの段階や、女性が髪の毛のボリュームアップに使うなどに効果的です。

カツラ・ウィッグの自然な被り方について

LED療法

LED療法とは文字通り、LEDを頭皮に当て薄毛を改善する治療法です。

近年、LEDの光を頭皮に照射させ、毛細血管を活性化する働きが発見されました。

これまでのレーザー光線照射のように大がかりな機材を必要とせず、ヘルメットや帽子の形をした機材を被るだけなので、自宅でも治療を行うことができます。

治療期間中には特に生活面でも制約が無く、シャンプーや散髪も行えます。

プロペシアやザガーロなどのAGA治療薬と併用することで、さらに効率良く治療を進めることができるため、現在注目の治療法となっています。

おススメ出来ない改善方法は?

おススメ出来ない改善方法は?

AGAの改善方法には他にもさまざまありますが、その全てがおススメとは言えません。

その方法やおススメできない理由について説明して行きます。

AGA治療薬の個人輸入は危険

日本では現在、国内未承認の海外製の医薬品は、個人輸入であれば購入が可能です。

個人輸入とは、「販売や譲渡を目的としない、購入者のみが使用する場合にのみ」海外から商品を購入出来る方法です。

AGA治療薬は日本では医師の処方が無ければ購入できませんが、海外では処方箋が無くても購入が可能です。

海外には日本で未認可の安価なAGA治療薬のジェネリック薬が多数発売されているため、薬代の節約に海外医薬品を個人輸入での購入が増えています。

しかし、国内未認可の医薬品は非正規ルートでの流通となるため、ニセモノや粗悪品がまぎれている場合があります。

ニセモノや粗悪品の医薬品を服用すると、期待する効果が得られなかったり、本来不要な成分が入っている場合もあり、信頼性や安全性に問題があります。

処方が無い薬を服用し重大な副作用が出た場合、「医薬品副作用被害救済制度」が適用されません。

薬には何らかの副作用があり、正しく使っていたとしても場合によっては強く症状が出てしまう場合があります。

この制度を利用することで、副作用の症状の緩和するための治療費を請求できます。

しかし、未認可の海外医薬品を使用した場合はこの制度の対象外となります。

購入も使用も制限の範囲内であれば使用は自由ですが、自己責任での使用になるのでご注意ください。

価格が安価で通院の必要もないので安易に手を出してしまいがちですが、信頼性や安全性を考慮した場合、医師の処方された薬を服用する方が良いでしょう。

頭髪・頭皮サロンは効果が無い?

頭髪・頭皮のケアを専門に行うサロンがありますが、こちらもAGAの改善となると最適ではありません。AGAを治療するには薬の服用が必要です。

頭皮に皮脂や汚れが溜まっている状態では、頭皮の健康状態が悪化し髪の毛の成長にも悪影響となります。

サロンで行われる頭皮のマッサージも血行を促進し、老廃物の排出や栄養の供給が活発になります。

そのため頭皮環境を改善することが目的の専門サロンは予防や、健康な髪の毛の維持には適していると言えます。しかし、薬で治療を行うAGAの症状を改善するこはできません。

サロンを利用し、爽快感やマッサージによるリラックスを求め、体のストレスを軽減するのは、頭皮にとってはとても良いことです。

自己流の改善方法

自己流の改善方法も、場合によってはあまり良い結果にならない可能性があります。

外用タイプの育毛剤や育毛に効果のあるとされるサプリメントは、ドラッグストアで購入が可能ですが、AGAの治療ではあくまでもサポートの働きぐらいにしかなりません。

食生活の改善や普段からの頭皮ケアも、自分で行えて髪の毛の成長や頭皮環境の改善には良い影響になりますが、これも進行したAGAの症状を改善することは難しいと言えます。

これらの方法を長く続けることで、体質が改善され薄毛の症状が改善する場合もありますが、それまでにはかなりの時間がかかる事が予想されます。

まずは専門クリニックに相談

まずは専門クリニックに相談

自己流での改善は、見た目でAGAの症状を判断するため、実際にどんな状態なのかはっきりと確認するのが難しいものです。その為にも、まずは専門クリニックに相談してください。

AGA専門クリニックでは、治療前に診察を行いAGAの状態を確認します。

その後、状態に合わせた治療法や希望に応じた治療法を選択し、治療を開始します。

ただ闇雲に、薬を飲んだり自己流のやり方で治療をするよりも、症状に合わせた対策を行い治療をする方が、効率の良い改善に繋がります。

医療機関でも、AGAの専門医ではない病院の皮膚科などでは、まれに薬の処方だけを行う場合があります。

より積極的な治療を行う場合にはAGA専門クリニックで診察を受ける事をおススメします。

美容系のクリニックでも、EDやAGAなど男性の悩みを改善している所がありますが、女性の患者に会う心配もあり、男性が1人で行くにはハードルが高い場合があります。

当サイトで人気の銀座にある「東京スカルプクリニック」では、完全予約制のため、他の患者に合うことなくプライバシーの配慮もなされているため、気兼ねすることなく相談することができます。

クリニックに迷ったら無料カウンセリングも行っているので是非利用してみてください。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

地域や路線から通いやすそうなクリニックを探したい方はぜひ当サイトのクリニック検索をご利用ください。

AGAクリニックの地域検索

AGAクリニックの路線検索

AGAの治療は「鉄は熱いうちに打て」

AGAは進行性のある症状です。改善を望むのであれば、早期に治療に取り掛かることをおススメします。

治療が行われる時間が早ければ、改善するまでの時間も短縮出来ます。

AGAの症状を放っておきだいぶ進行してから行う治療では、改善までの時間も費用も多くかかってしまいます。

AGAの治療を行うかどうかは本人の意思決定に委ねられるものなので、治療したいと思った方が治療を行えば良いものです。

もし薄毛の状態に抵抗やコンプレックスを感じ自信を無くしているのであれば、普段の生活にも使用が出る場合もあります。

AGAの治療や対策も鉄と同じで、早い段階で対処を行うことが肝心です。1人で悩んでいるのであれば、専門の医師に相談してみましょう。

AGA(男性型脱毛症の)治療・対策方法のまとめ

このページをまとめると以下のような内容になります。

・AGAの治療には「AGA治療薬」「メソセラピー・HARG療法」「植毛」などの方法がある
・個人輸入で海外からAGA治療薬を購入することは可能だが、信頼性や安全性に疑問
・自己流や頭髪・頭皮サロンでの改善では、進行型のAGAの症状を改善するのは難しい
・AGAの進行や症状を確認するためにも、まずは専門のクリニックに相談することが大切

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる