薄毛の種類のひとつ、円形脱毛症とは?

男性の薄毛症状の1つである円形脱毛症とはなにかということから、治療期間、診療科目について解説いたします。

円形脱毛で悩んでる男性

円形脱毛症とは?

円形脱毛症は毛髪の一部が円形に脱毛する症状です。

昔から「10円はげ」と言われる部分的な脱毛症状も円形脱毛症の1つで、円形や楕円形に毛髪が抜け落ちてしまう(脱毛斑)疾患で、大人だけではなく子供にも起こる脱毛症です。

頭部だけではなく、眉毛、まつげ、体毛にも症状があらわれることもあります。

症状が治まっても再発することもあるのも円形脱毛症の特徴です。

円形脱毛症の概要

円形脱毛症もAGA同様、複数の進行タイプがあり、単発型多発型多発融合型全頭型汎発型などがあります。

単発型

10円玉程の大きさの脱毛症状が突然現れるもので、発症年齢は子どもから高齢者まで幅広いのが特徴です。

また、男女ともに発症比率もほぼ同率で、円形脱毛症の中では最も軽いものですが、一部、多発型に移行する人もいます。

多発型

単発型で作られる脱毛の症状が2箇所以上発生する症状で、頭部だけでなく全身で発生することもあります。

脱毛斑が結合していってしまうと多発融合型に拡大していく可能性もあります。

多発融合型

びまん性と蛇行性という二種類のタイプにさらに分かれます。

びまん性は全体に薄毛症状が、そして蛇行性は後頭部や側頭部が蛇のように生え際に沿って帯状の脱毛症状が現れます。

全頭型

多発型からさらに症状が進行し、脱毛を起こしている箇所が重なっていくことによって頭部から毛髪のほとんどが抜け落ちる症状です。

治療が難しいため長期化する特徴があります。

汎発型

全頭型からさらに進行し、眉毛、まつげをはじめ体毛のあらゆる部位から毛が抜け落ちていくという症状であり、円形脱毛症だと気づきにくい症状と言われています。

治療を継続する人のなかにはかつら(ウィッグ)も使用しながら長期的に円形脱毛症とつきあっていく人もいます。

子供の円形脱毛症

子どもの場合は自分で髪の毛を抜いてしまう抜け毛症が原因の場合もありますので経過を観察しましょう。

  

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因は自己免疫疾患による免疫機能の異常が大きな原因とされています。ほかにもアトピー性疾患やストレスも大きく関係し、遺伝的要因も解明されつつあります。

円形脱毛症の原因

  

円形脱毛症の症状

円形脱毛症の症状は初期症状で抜け毛の増加や脱毛斑が認められ、症状が進行するとその範囲や抜け毛の量が増加していきます。

円形脱毛症の症状

  

円形脱毛症の治療方法

円形脱毛症の治療方法についてはステロイド療法がもっとも多く行われています。ほかにも局所免疫療法、冷却療法などがあり、他の脱毛症と同じように内服薬や外用薬を用いることもあります。

円形脱毛症の治療方法

おおよその治療期間

医者

円形脱毛症の治療期間は症状によっても異なりますが、軽度の症状である単発型の場合、約8割の方が発症後1年以内に症状の改善ができています。

その他の症状の場合、単発型に比べて治療に必要な期間は長くなりますが、適切な方法によって治療を進めていくことにより、治療が可能です。

治療のガイドラインは日本皮膚科学会で提唱されており、ガイドラインに沿って適切な治療方法を選択できるようになっています。

診療科目

円形脱毛症を治療・改善する場合、皮膚科のあるクリニックや薄毛専門のクリニックへの相談が推奨されています。

男女様々なお悩みを解消する美容クリニックも、薄毛治療に対応しているところもあります。

この中でも薄毛専門のクリニックは、医師のほかカウンセラーに治療の悩みや治療方法などの相談ができ、無料でカウンセリングを受けられる場合も多いため、積極的に活用してみてもよいでしょう。

この記事を書いた人 しゅんすけ

まだ20代だけどおでこの方がかなりきている若ハゲ。無料カウンセリングを色々受けてどこで治療しようか悩んでいる最中。父親は40代でツルツル。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる