薄毛の種類のひとつ、びまん性脱毛症とは?

女性の薄毛症状の1つであるびまん性脱毛症とはなにかということから、治療期間、診療科目について解説いたします。

びまん性脱毛症とは   

びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症は脱毛症の中でも頭部全体の髪が減少する、という特徴がある症状です。

びまんというのは「一面に拡がる」という意味で、髪の薄くなる部位が頭部の全体にあらわれる状態の脱毛症をさします。

したがって、びまん性脱毛症は頭皮全体の髪が急激に薄くなったように見えるような、特徴的な脱毛症状があるのです。

  

びまん性脱毛症の概要

びまん性脱毛症はほかの脱毛症のように特定の部位から脱毛症が始まった後に、その部位だけで症状が収まるのではなく、頭部全体で脱毛症状が現れます。

大きな特徴としてびまん性脱毛症の患者は多くが女性であるという点も挙げられます。

20代以上の女性のうち、約4割もの女性が一生に一度は発症を自覚するとされ、30代後半の女性に多い脱毛症といわれています。

髪は命にかかわらないといわれますが、頭髪のボリュームが少なくなると見た目の印象も変わってしまうため、女性にとっては大きなストレスとなり、そこからさまざまな弊害が出てくるという意味においては男性よりも深刻です。

  

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因はさまざまありますが、FAGA(女性男性型脱毛症)も原因のひとつとされます。

  

そのほかにも加齢や休止期脱毛症といった原因が確認されています。

びまん性脱毛症の原因

  

びまん性脱毛症の症状

びまん性脱毛症の症状は広範囲にわたり、頭部全体に脱毛症状があらわれます。

びまん性脱毛症の症状

  

びまん性脱毛症の治療方法

びまん性脱毛症の治療方法は生活習慣の見直しでも良化することがありますが、治療薬を使った治療方法を用いればさらに治療の期待は高まります。

びまん性脱毛症の治療方法

  

おおよその治療期間

びまん性脱毛の原因はさまざまなので何によって引き起こされたかを特定してから治療していくことになるため治療期間は一概には言えません。

ただ共通する一般的な治療法として発毛成分を持つミノキシジルなどの外用薬で毛髪密度を上げていくと、数か月で半年ほどで効果があらわれはじめる人が多いようです。

  

診療科目

薄毛専門クリニックへ

びまん性脱毛症を治療・改善する場合、皮膚科のあるクリニックや薄毛専門のクリニックへの相談が推奨されています。

女性の様々なお悩みを解消する美容クリニックも、薄毛治療に対応しているところもあります。

この中でも薄毛専門のクリニックは、医師のほかカウンセラーに治療の悩みや治療方法などの相談ができ、無料でカウンセリングを受けられる場合も多くあります。

女性でも通いやすいよう、他の患者さんとバッティングしないように予約時間を調整したり、待合室も完全に別となっているようなプライバシーの配慮も考えられているクリニックが多いので、安心して積極的に活用してみてもよいでしょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる