びまん性脱毛症の治療方法に関して

女性薄毛の悩みの一つ、びまん性脱毛症に関する治療方法について、詳細をご紹介いたします。

びまん性脱毛症の治療方法   

びまん性脱毛症の治療方法

びまん性脱毛症の治療方法はFAGAの治療と非常によく似ています。

具体的には生活習慣の見直しや治療薬の使用です。

生活環境や生活習慣の見直しに始まり、頭皮環境の改善治療薬の使用などによって、びまん性脱毛症の改善は可能です。

また、頭皮の血行を改善する事も、びまん性脱毛症の改善には効果的です。

頭皮環境を整えるためのマッサージやサプリメントの服用なども、びまん性脱毛症の改善に非常に役に立ちます。

  

生活習慣の見直し

休止期脱毛が原因となっているびまん性脱毛症の場合、頭皮に十分な栄養がいきわたっていないことやホルモンバランスの乱れが脱毛を引き起こす大きな要因となっています。

そこで髪の毛に必要なたんぱく質、亜鉛や、血流を助けるビタミン類をとり、規則正しい生活を心がけてみましょう。

ストレス飲酒は体に悪影響を与えるのでバランスに気をつけます。

  

運動が血流効果を促進する

過度な負荷や無理な運動は必要ありませんが、血流や代謝サイクルを正常に戻すため、ウォーキングやストレッチを取り入れてみましょう。

女性に多い体の冷えも頭髪にはもちろんよくありません。

冬場はもちろん、夏の冷房冷え対策にも、湯船につかって体を温めることで血行を促進させることを心がけましょう。

  

睡眠中は髪のダメージを修復してくれる

良質な睡眠は髪の毛をはじめ体の細胞やダメージの修復が行われます。

深い眠りにつくためには就寝前のスマホ操作などは控えると、ブルーライトによる脳の覚醒が起こらずに済みます。

睡眠2~3時間前の入浴も睡眠時の体温の下降につながり、眠りやすさに役立ってくれます。

  

ホルモンバランスの調整に役立つ食生活

毎日摂る食事も髪の毛には重要です。

女性ホルモンの働きを助けてくれるとされる大豆イソフラボンが入った納豆、味噌、豆腐などを積極的に摂りましょう。

逆に摂りすぎてはいけないものは脂肪分などです。

  

頭皮のマッサージ

毎日丁寧に頭皮をマッサージすると、毛母細胞の活動が活発になり育毛の助けになるとされています。

ただし頭皮を傷つけては元も子もないので、爪などで肌を傷めないよう注意しましょう。

  

治療薬を用いる

FAGAのような症状から起こるびまん性脱毛症をはじめ、ホルモンの働きが落ちて起こるびまん性脱毛症にも治療薬を用いた治療が効果を発揮します。

男性用のAGA治療薬は女性が使えないものも多くありますが、この中で育毛効果を持つミノキシジルを用いた治療が一般的に浸透しています。

ミノキシジルは血管を拡張させて血流を増加させる作用があり、髪の成長に必要な栄養素をより効率的に毛根に届けてくれます。

日本皮膚学会が定める薄毛診療のガイドラインでも、最も有効というAランクの判定がされる投薬療法です。

このミノキシジルには濃度があり、男性の場合は8%ほどの濃度が効果的とされていますが、女性の場合は濃度が高いとムダ毛も増えるといった弊害もあるため、1~2%の濃度のものがよく利用されます。

  

メソセラピー

メソセラピーは基本的には注射器で頭皮の中に有効成分を直接送り込む治療法です。

その中でも針を使わずに水圧や電気によって薬剤を浸透させるノーニードルメソセラピーという治療法もあります。

注射器を使う場合も、針は非常に細いため痛みは弱いことが多いうえ、注射後の痛みを和らげるために、麻酔成分を一緒に注入することもあります。

  

毛髪再生療法

このメソセラピーのなかにも毛髪再生療法という治療法があります。

薬剤で発毛を促すのではなく、髪を育てる毛母細胞の増殖を促すさまざまな成長因子を凝縮した成分を頭皮に直接注入します。

これら毛髪再生療法は女性ももちろん利用可能で年齢も問いません。

あらゆる薄毛に効果があるため原因の特定が難しいびまん性脱毛症にも効果的で、治療後も継続して発毛が続くため、薄毛を根本的に治療できるとされています。

HARG療法(ハーグ療法)、HARGENONなどがこの施術の中でも施術名がついたものもあります。

  

植毛治療

自分の毛髪を移植して薄毛を目立たなくする植毛は女性にもあります。

ただし採取した部分からは毛は生えないため、毛髪の密度が高い場所から密度の低い場所に髪の毛を移植するという施術で、毛髪量に変化はないとも言えます。

女性の場合は生え際の薄毛が気になったりする方が多く、生え際や分け目を目立たなくするような際に植毛を使う人が多いようです。

  

薄毛専門のクリニックを利用する

こうしたびまん性脱毛症は原因の特定も難しいため、個人のレベルで治療を進めるのは難しいケースが多いため、薄毛専門のクリニックを利用してみましょう。

女性にとっては心配なプライバシーにも配慮され、他の受診者と顔合わせせず治療を受けられるクリニックがほとんどです。

こうしたクリニックは医師のほかに薄毛のお悩みを相談できる専門のカウンセラーが常駐している場所が多いため、しっかりと現状を相談しカウンセリングを受けたりできるうえ、治療に際しては血液検査なども行ってもらえます。

もちろん、医師の診断も受けることができ、検査の結果で使用可能な治療薬を確認できるため安心して治療を継続できます。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる