FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

FAGA(女性型脱毛症)とは

FAGAは別名「女性男性型脱毛症」と呼ばれる、女性の脱毛症状の1つです。

生活や食事の変化などで、男性、女性とも薄毛で悩む人口は年々増加傾向にあります。

女性だけでも薄毛で悩んでいる人は300~600万人いるとされますが、薄毛にも種類があるため、その区別の方法などに関してあいまいな情報が多いのが現状です。

そこでここからはFAGA(女性男性型脱毛症)について、概要から原因、症状、治療法について解説していきます。

自分の脱毛症について正しい知識を知ることが治療の第一歩です。

FAGA(女性男性型脱毛症)について

FAGA(女性男性型脱毛症)について

FAGAは、女性が発症するAGA(男性型脱毛症)です。

まずAGAについては、男性が発症する進行性の脱毛症を指します。FAGAはこのAGAの女性版ということです。

発症は主に40~50代に多くなっている一方、20代でも起こることはあります。

進行性であるFAGAはその進行レベルをルードヴィヒ分類という分類法で判断することが可能です。

これらの分類は治療を行うときの目安になります。

●ルートヴィヒ分類の分類型
Ⅰ型---正面から頭頂部が薄くなっている
Ⅱ型---Ⅰ型から更に進行して範囲が拡大している
Ⅲ型---脱毛範囲が更に後退し、AGAに似た症状になる
Ⅳ型---毛包の破壊で毛髪が生えてこなくなる状態で、瘢痕性脱毛症とも呼ばれる
Ⅴ型---ホルモンバランスや薬剤を原因に脱毛した状態

こうした研究の成果から、AGAやFAGAは症状の改善が期待できる脱毛症となっています。

FAGAとFPHLの違い

FAGAとFPHLの違い

日本皮膚科学会が2017年に発表した男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでは、FPHLという女性の脱毛症が新たに決められました。

FPHLは女性型脱毛症(female pattern hair loss)の略で、女性が発症する男性型脱毛症とは別に、女性型の脱毛症として定義されています。

FPHLとFAGAの主な違いは以下の通りです。

FAGA ホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンの量が増えることで起こる男性型の脱毛症
FPHL さまざまな症状が起こる女性型脱毛症の総称

FAGAの場合は男性ホルモンによる脱毛のため、側頭部は薄くならないのが特徴です。

対してFPHLは側頭部も薄くなるといったように、従来混同されていた女性の脱毛症の違いをよりはっきりさせています。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

FAGAの原因は主に以下のようなものです。

ホルモンバランスの乱れ 年齢やストレスで女性ホルモンの分泌や働きが乱れ、男性ホルモンの影響が強くなる
栄養不足 ダイエットや偏食による栄養不足で、髪の毛に必要な栄養が届かなくなる
生活習慣の乱れ 睡眠不足、ストレス、血行不良で自律神経が乱れ、女性ホルモンの濃度が低下する
遺伝 父親や父方の祖父が脱毛症の場合遺伝するとされる

栄養不足は生活習慣の乱れは他の脱毛症でも原因に挙げられますが、ホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモンが活発になるというのはFAGAならではの原因です。

男性ホルモンはもともと女性の身体にもあるものです。

普段はそれほど影響を与えていませんが、40代以降は更年期などで女性ホルモンの減少が大きくなると男性ホルモンが活動しやすくなります。

以下のページでは更に詳しく解説しています。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因について

FAGA(女性男性型脱毛症)の症状

FAGAの症状は以下のような特徴があります。

初期段階 ・分け目が目立つ
・抜け毛が多く気になる
・髪にボリュームが出なくなる
進行すると ・髪質が変化し柔らかく弱くなる
・髪が細くなる
更に進行すると ・頭皮が透けて見える
・脱毛部が広範囲になる

髪はヘアサイクル(毛周期)という周期で成長と脱毛を繰り返しています。

FAGAはこの毛周期の成長期を弱めて短くしてしまうと考えられています。

そのため髪が十分に成長しないうちに脱毛するので、髪が薄く頭皮が目立つようになります。

この時、頭皮自体も血行不良で硬くなり老化するため、弾力を失います。

頭皮と顔の皮膚はつながっているため、頭皮の老化で顔の肌もたるむ可能性があります。以下のページでは更に詳しく解説しています。

FAGA(女性男性型脱毛症)の症状について

FAGA(女性男性型脱毛症)の治療方法

まず治療方法の前に、治療は少しでも早く行うべきだということをお伝えします。その理由は発毛に関するヘアサイクルには上限があるためです。

FAGAが進行するとヘアサイクルの周期を短くしてしまいます。

つまり、もし治療が遅れてヘアサイクルが早く上限に達してしまったら、もうその毛根からは発毛が期待できません。そのため早い治療が必要なのです。

治療方法に関しては大きく分けて以下の方法があります。

投薬治療 パントガール、パントスチン、ルグゼバイブ、ミノキシジルなど、ホルモン充填療法
施術治療 育毛メソセラピー(注射)、植毛、ヘアタトゥーなど

投薬治療は文字通り治療薬による発毛治療です。上記のような製品が主に使用されます。

もう1つの治療が施術治療です。これは薄毛治療を行うクリニックで、施術治療は医師や医療従事者のみが行うことができる治療です。

注射器のような器具で頭皮に直接栄養を注入するメソセラピーが最も多くのクリニックで採用される施術です。

ほかに自分の健康な部位の毛髪を移植する植毛、頭皮に毛髪のようなタトゥーを入れて薄毛を目立たなくするヘアタトゥーなどがあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)の治療方法について

FAGA(女性男性型脱毛症)以外の女性の主な脱毛症

FAGA以外にも女性の脱毛症はあります。そこでここからはFAGA以外の女性の主な脱毛症について簡単に紹介していきます。

脱毛症の種類によって原因も違い、もちろん治療方法も異なる場合があります。間違った治療方法を選択すると発毛の期待は下がってしまうので、自分がどの脱毛症かを判断するのは大変重要です。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛のびまん性とは「病変が比較的均等に拡がる状態」を指します。

つまり脱毛部が頭部全体に起こり、一か所が急激に脱毛するのではなく全体的に髪のボリュームが無くなる脱毛症です。

男性の脱毛症でこの病名が使われることはほぼなく、女性の脱毛症の1つといえます。

びまん性脱毛症について

円形脱毛症

円形脱毛症の原因はストレスをはじめ、自己免疫異常といって自分の身体を異質な物質から守る働きが毛根で起きてしまい、細胞を攻撃して円形脱毛が起こることもあります。

また小さな円形脱毛が複数できたり、いくつかの円形脱毛が繋がって大きな脱毛部になる場合もあります。

円形脱毛症について

産後脱毛症

産後脱毛症は、分娩後脱毛症とも言われます。

出産まで女性は女性ホルモンが体内で上昇しますが、出産で急激に低下することで脱毛を起こす場合があります。この現象が産後脱毛症です。

産後脱毛症であれば、一定期間で自然に治ることもあります。

産後脱毛症(分娩後脱毛症)について

けん引性脱毛症

ポニーテールや三つ編みなどでいつも同じヘアスタイルにして強く髪を引っ張っていると、頭皮に強く負荷のかかる部位が脱毛していく場合があります。

けん引性脱毛症は、髪の毛が引っ張られることで頭皮の血行不良を起こし、栄養が届きにくくなることで起こる脱毛症です。

髪型を変えるだけで症状の進行を止められることはありますが、抜けてしまった脱毛部は治療の必要がある場合があります。

牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛症)について

脂漏性皮膚炎による脱毛症

頭皮の洗い残しや皮脂が過剰に分泌されることで「脂漏性皮膚炎」になると、毛根が皮脂汚れやフケで詰まって髪の成長を妨げ、脱毛にも繋がります。

脂漏性皮膚炎による脱毛症について

その他の原因

その他には、肝機能障害で髪を作り出すためのたんぱく質をつくる機能が低下すると、毛髪に影響することがあります。

また、水虫の原因となる白癬菌が頭部に付着することがあり、頭部白癬(しらくも)になると楕円形に脱毛することがあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)を治療するなら薄毛治療クリニック

治療を行う場合は以下のような方法があります。

・市販の育毛剤で治療する
・皮膚科のあるクリニックや、治療薬を処方している内科、美容外科などに通院する
・薄毛治療専門クリニックで治療する

この中でもおすすめなのが薄毛治療専門クリニックでの治療です。

男性のAGA治療クリニックといったところでもFAGAの治療を行っているところがありますし、女性の薄毛治療専門クリニックもあります。

薄毛治療専門クリニックなら確実に現状の状態を把握して診察して貰うことができます。それは安心して治療をはじめることができる大きなメリットです。

また女性の治療がメインの薄毛治療クリニックなら、プライバシー対策も万全です。主に以下のようなプライバシー対策が取られています。

・クリニックの場所が目立たないところにある
・完全予約制で多くの患者が待合室にいるということがない
・オンライン診療でクリニックに行かなくても治療薬を受け取れる

無料カウンセリングを使用する

こうしたクリニックに行っていきなり通院をはじめるのはハードルが高いかもしれません。

しかし、薄毛治療クリニックの多くは無料でカウンセリングを受けられます。

無料カウンセリングなら専門のカウンセラーが治療方針から経済的な治療プランの提示までを行ってくれます。

治療を開始しない限り料金も発生しないため、クリニックの雰囲気を事前に確かめることもできます。

都内だと女性に特に人気なのが「東京スカルプクリニック」です。

無料カウンセリングも行っていて、女性専用の薄毛治療も豊富です。気軽に相談しに行ってみてください。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

AGAスキンクリニックレディース院銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる