FAGA(女性男性型脱毛症)の原因とは?

FAGA(女性型脱毛症)の原因

薄毛といえば、これまで男性特有の悩みと考えられていました。しかし女性の間でも、薄毛の進行や抜け毛の増加に悩む方が多くなってきています。

女性の薄毛として代表的なのが、FAGA(女性男性型脱毛症)です。

特に40代~50代の女性に多く見られる脱毛症になり、頭頂部を中心に全体的に髪が薄くなって、頭皮が透けて見えるようになります。

髪は女性の命、いつの間にか発症していたFAGAに心を痛める女性も少なくありません。

FAGAには、様々な原因があります。

どのような原因でFAGAを発症するのかを知れば、対策を行うことも可能なはずです。以下ではFAGAにはどのような原因があるのか、詳しく解説していきます。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

女性において代表的な脱毛症であるFAGAですが、その原因として3つの要素が挙げられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 栄養不足
  • 生活習慣の乱れ

3つの要素の中で、FAGAの発症に直接的に関わっていると考えられるのがホルモンバランスの乱れです。

FAGAにより薄毛や抜け毛の症状が見られるメカニズムとして、体内で分泌されている女性ホルモンや男性ホルモンのバランスが深く関係しています。

しかし原因はそれだけでなく、女性の薄毛や抜け毛には食生活・生活習慣といった普段の生活との関連性も無視できません。

ここからはそれぞれの原因がどのようにFAGAの発症とつながるのか、詳しく説明していきます。

ホルモンバランスの乱れ

FAGAは、ホルモンバランスの乱れが関与して発症する脱毛症です。

例えば男性によく見られる頭頂部の薄毛や前髪の後退といった症状は、AGA(男性型脱毛症)によるものです。

AGAは男性ホルモンが活性化することで生成される「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる物質が、直接的な原因とされています。

これに対して、FAGAはFemale Androgenetic Alopeciaの略となり、「女性における男性型脱毛症」や「女性男性型脱毛症」といった呼ばれ方をします。

女性に見られるFAGAも、AGAと同じく男性ホルモンの影響を受けることで症状が現れるのです。
しかしFAGAとAGAのメカニズムには、大きな違いがあります。

AGAは男性ホルモンの影響を受けることで発症しますが、FAGAは女性ホルモンの分泌量が少なくなり、それにより相対的に男性ホルモンの影響を受けやすくなることが引き金になるのです。

女性ホルモンの1つ、「エストロゲン」には髪の成長を促す働きがあります。

ですが加齢にともなってエストロゲンの分泌は少なくなっていき、次第に男性ホルモンの働きが相対的に強まることでFAGAが始まるのです。

女性ホルモンは20代後半をピークに減少し、閉経が起こるとエストロゲンが十分に分泌できなくなります。

FAGAが40代~50代の女性に多く見られるのも、閉経によるエストロゲンの減少が関わっています。

最近では「スピロノラクトン」や「パントスチン」など、男性ホルモンの働きを抑える効果がある女性用薄毛治療薬も登場しています。

FAGAの予防や改善には、これらの治療薬が効果的です。

栄養不足

女性の薄毛や抜け毛の悩みには、栄養不足が隠れていることも多くあります。

人の体を作るのは、毎日の食事から摂取した栄養です。

もちろん髪の毛も同じで、普段の食事から摂った栄養素が頭皮に届くことで、丈夫で健康な髪の毛が成長していきます。

しかし「先進国」といわれる国々の中でも、日本では特に若い女性の間での栄養不足が深刻化しています。

20代の女性では5人に1人が栄養不足と言われ、世界的に見ても日本人女性は"やせすぎ"と判断される比率が高くなっています。

食べ物が豊富なはずの日本でなぜ栄養不足に陥るのか、その原因となっているのがダイエットのやりすぎです。

一般的に日本では「スリムな女性がきれい」というイメージが強く、多くの女性が今よりもきれいになろうと、日夜ダイエットに励んでいます。

ですが中には痩せる必要がないのに食べることを我慢するなどしてダイエットに取り組む女性も多く、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

特に髪の毛は、人が生きていく上で必要が無い部位です。

そのため栄養が使われるのは後回しになりやすく、髪に栄養を届けるには日頃から十分な量の食事を摂らなくてはなりません。

髪の成長に関わっているのが、タンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養です。

抜け毛や髪のパサつきが気になり出したときは、普段の食事内容を振り返ってみてください。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、様々な不調の原因となります。

FAGAの発症にも関わっており、特に注意したいのが睡眠不足やストレスです。

睡眠不足やストレスが健康に良くないというのは、誰にとっても共通の認識だと思います。

もちろん髪にも悪影響を及ぼす要因となり、睡眠不足やストレスが続くと自律神経が乱れ、次のようなことが起きます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 血行不良

先述したように、FAGAの発症にはホルモンバランスが大きく関係しています。

重要なのは髪の成長を促すエストロゲンという女性ホルモンであり、男性と比べて女性が薄毛になりにくいのはエストロゲンの働きによるところが大きいです。

しかし自律神経が乱れるとホルモンの分泌がうまくいかなくなり、体内のエストロゲンの濃度が低下することでFAGAの発症につながります。

また自律神経の乱れは、血行不良も引き起こします。髪の成長に必要な栄養は、血液によって頭皮まで運ばれていきます。

ですが血行が悪くなると栄養が頭皮まで行き渡らず、毛根に届ける栄養が不足して髪の成長にも支障がでてしまうのです。

このようにFAGAの主な原因となる生活習慣は、睡眠不足やストレスです。

ただしそれ以外にもタバコやお酒の飲みすぎなどの習慣も髪に良くないので、日頃から注意しておきましょう。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因は特定しにくい

女性に多い脱毛症のFAGAですが、実際に症状が見られた場合でも原因を特定することは困難でしょう。

まず男性の場合、薄毛の原因は大半が男性ホルモンによるものです。

さらに男性ホルモンによる脱毛症(AGA)の場合、頭頂部や額の生え際から薄毛が進行するという特徴的な症状も見られるため、原因を特定することができます。

しかし女性には、男性とは違って生理や閉経のような"女性ならでは"の体の変化があります。

それにともなってホルモンバランスが大きく変化することもあれば、日頃の生活が関係してホルモンバランスの乱れが生じることもあります。

このように女性の体はデリケートであり、様々な要因がホルモンバランスの乱れに、ひいては体調の乱れにつながることもあるので、FAGAの原因を特定することは難しいのです。

遺伝の可能性もある

男性の薄毛は、男性ホルモンだけでなく遺伝による影響も大きいとされています。しかし、女性のFAGAにも遺伝が関係していることをご存じでしょうか。

女性のFAGAは、遺伝によって発症する可能性があります。特に父親や父方の祖父など、男系の親族に薄毛の方がいた場合、FAGAが発症しやすいと言われます。

また男性の薄毛が遺伝するメカニズムは、男性ホルモンの影響を受けやすい体質、つまりAGAを発症しやすい体質が受け継がれていると言われます。

対して女性の場合、どのようなメカニズムでFAGAが遺伝されているのかはいまだに解明されていません。

原因を特定する方法は?

もしもFAGAを発症した場合、「なぜ発症したのか」「何が原因なのか」と考えたくなるかもしれません。しかし先述したようにFAGAは、原因の特定が難しい脱毛症です。

加えてFAGAによる脱毛症状は少しずつ進行していくため、早めに対策をすることが大切です。

そのため手探りでFAGAの原因や対策を考えるよりも、薄毛治療クリニックを受診することをおすすめします。

近頃では、男性だけでなく女性の薄毛治療も受けることができるクリニックが増えています。

薄毛治療クリニックでは薄毛治療の専門医による問診や頭皮チェックを受け、それに対してどのような治療が必要になるのかを知ることが可能です。

例えば風邪をひいたときに病院に行くのと同じように、薄毛や抜け毛の悩みも専門のクリニックに行くことで効果的な治療ができます。

気になる症状があるときは、クリニックで見てもらうことを考えてみてください。

無料カウンセリング

抜け毛の数や髪のボリュームが気になるとき、薄毛治療クリニックに行くことで専門医による診察や治療が受けられます。

しかし薄毛治療クリニックというと、「治療費が高くつきそう…」「行くのが恥ずかしい」のようなイメージから敬遠される方も少なくありません。

薄毛や抜け毛の症状があっても、いきなりクリニックに行って治療を始めるのはハードルが高く感じる方も多いはずです。

そのような方には、薄毛治療クリニックの「無料カウンセリング」がおすすめです。

薄毛治療クリニックでは、無料カウンセリングが行われていることが多いです。例えば、都内で人気のクリニックである「東京スカルプクリニック」も行っています。

そこでは医師の診察やカウンセリング、相談などを全て無料で受けることができ、その上でこれから必要な治療の内容や料金について聞くことができます。

実際の薄毛治療にはどれくらいの料金がかかるのか、あるいは薄毛治療のクリニックはどのような場所なのかといったことを知れる良いチャンスです。

また、当然のことながら無料カウンセリングを受けたからといって、必ずしもそのクリニックで治療を受ける必要はありません。

無理な勧誘をされることも無いので、もしも説明された治療内容や料金に納得がいかなかった場合、その場で治療を断って帰宅することも可能です。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因についてまとめ

FAGAは、女性にだけ見られる脱毛症です。

男性特有のAGAと同じく発症には男性ホルモンが関係していますが、具体的なメカニズムが異なります。

FAGAの場合、髪を成長させる働きがある女性ホルモンの分泌が低下し、相対的に男性ホルモンの働きが強まることで薄毛や抜け毛の症状が始まるのです。

そのためFAGAは、特に40代~50代の女性に発症しやすいという特徴があります。

しかしホルモンバランスの乱れ以外にも、食生活や生活習慣、さらに遺伝による影響がFAGAの原因になることもあります。

自分自身では何が原因でFAGAが発症したのかを特定するのが難しく、対策もしにくいのがFAGAの厄介なところです。

もしも抜け毛が増えたり、髪が少なくなったりして「FAGAかな?」と思ったときは、1人で悩まずに薄毛治療を行うクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

まずは無料カウンセリングを行っているクリニックを受診することで、FAGAの症状や治療に関する相談を0円で行うことも可能です。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる