産後脱毛症(分娩後脱毛症)の症状に関して

産後脱毛症(分娩後脱毛症)の症状は、出産後に新しい家族の誕生により、幸せに浸っている最中、髪の毛が抜ける量が多くなり、ビックリしてしまう方が多いです。

産後脱毛症は、ホルモンバランスや生活リズムの乱れによる原因があります。 産後脱毛症は、赤ちゃんを出産後、およそ2~3ヶ月ほどがピークとなっております。

産後脱毛症(分娩後脱毛症)の症状の画像

ホルモンバランの変化

女性ホルモンには2種類があります。「プロゲステロン」「エストロゲン」の2種類により、妊娠してない時は月経周期に沿って14日間周期で交互に優位になってますが、妊娠中は女性ホルモンの分泌が徐々に増え、妊娠後は大きくなった胎盤から女性ホルモンが分泌されることにより、プロスゲトロン、エストロゲンの分泌も非常に大きくなり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

女性ホルモンの乱れ

髪の毛には、毛髪サイクルと呼ばれる約3年~7年の周期で生まれ変わります。

エストロゲンは、髪の毛の成長や潤いを与えますが、妊娠中には、エストロゲンの分泌が活発となり、ホルモンバランスが崩れてしまい、ヘアサイクルも乱れてしまいます。

「エストロゲン」とは、卵胞ホルモンであり、女性らしい体の発達をい促すホルモンとされています。

毛髪サイクルは。瀬尾長期は「成長期」「休止期」「後退期」の3種類を繰り返していますが、出産が原因で女性ホルモンの変化により、毛髪サイクルが乱れてしまい、髪の毛のコシやハリが低迷したり、脱毛や薄毛になってしまいます。

もう一つに「プロゲステロン」(黄体ホルモン)も女性ホルモンの乱れも産後脱毛症の原因ともなってます。

プロゲステロンは体温を上昇させる、髪の毛の成長を促す作用があります。

プロゲステロンの作用で、成長していた髪の毛が、出産により一気に抜け落ちるケースが、産後脱毛症となっております。

産後脱毛症は、ホルモンバランスの乱れにより、妊娠中に抜け落ちずに溜まっていた髪の毛が一気に抜け落ちてしまうことで起こる症状です。

出産後は、ホルモンバランスも安定することで、ヘアサイクルが正常になります。

産後脱毛症は、一時的な脱毛症となっており、徐々に髪の毛の量はもどります。

妊娠中は、ストレスや栄養バランスなど、色々な困難があると思います。

髪の毛は血流にも関係しております為、自律神経が乱れたり、体内の亜鉛を大量に消費したりする為、出産後は、栄養不足を解消するなど気に掛けましょう。

産後脱毛症は、エストロゲンとプロゲストロン、二種類の女性ホルモンのバランス崩れてしまうことで、ヘアサイクルが乱れてしまう事が、原因となってます。

また、カウンセリングの居るクリニックで、相談して頂く事も一つの方法です。

キャンペーンなどで、無料診断を行っているクリニックもある為、気軽に悩みを相談してみる事も良いでしょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる