牽引性脱毛症の原因とは?

牽引性脱毛症(けんいん性脱毛症)とは、分け目・結び目が薄毛となってしまう状態の脱毛症状です。

脱毛症は数々ありますが、牽引性脱毛症は他の脱毛症よりも、個人の日々の対策である程度改善できる可能性を持っています。

本記事では牽引性脱毛症の主な原因について解説しますので、当てはまるものなどはないか是非確認してみてください。

牽引性脱毛症の原因とは?

まずは牽引性脱毛症の原因からご紹介していきます。

牽引性脱毛症とは髪が強く引っ張り続けられることで起こる脱毛の症状です。

つまり髪が引っ張られることで起きてしまう脱毛である反面、髪にかける負担を取り除けば症状が和らぐ可能性があるということです。

ただし個人の判断で牽引性脱毛症を発症していると思い込んでヘアスタイルやブラッシング方法を変えても、別の脱毛症を併発していたり、そもそも牽引性脱毛症がきっかけで脱毛していない場合もありますので、脱毛が気になったらクリニックで確認することをおすすめします。

ヘアスタイル

まずは牽引性脱毛症の原因の1つ目であるヘアスタイルについての解説からはじめていきます。

牽引性脱毛になりやすい髪型となりにくい髪型がありますので、どういった髪型が一番脱毛に影響するか、また影響しないかということを把握しておけば予防にもつながります。

またヘアスタイルそのものだけではなく、髪にヘアエクステンションを着ける際も、着け方によって頭皮への負担が変わってきますので合わせて解説していきます。

ポニーテール

ポニーテール

ポニーテールは主に髪の長い女性が行うヘアスタイルで、スポーツをしたり髪が邪魔にならないようにする際は大変重宝するヘアスタイルです。

全ての髪をひっぱり後頭部でまとめるため、額の生え際やうなじなどが特に牽引性脱毛症になりやすい髪型ですので注意が必要です。

対策としては強い力で引っ張らずにやわらかくまとめたり、まとめる部分を強く縛りすぎないといった方法がまず1つ挙げられます。

もう1つの方法としては、髪形を変えるというものです。

ただ、ポニーテールそのものまで変えたくない、変えられない場合もあります。

その場合はくくる位置を低くする一本結び、結び目の位置を左右どちらかに寄せて、テールを片側に垂らすサイドテール(サイドポニー)や、くくる髪の毛を左右からまとめて持ってきて重ねるように結ぶクロスオーバーポニーテールなどの派生版のヘアスタイルに変えたりして、一定の力が加わっていたものを分散させるという方法です。

いずれの場合も髪の毛の状態が元に戻るまではそれなりの期間を要します。

ツインテール

ツインテール

ツインテールはツーポニーテールとも呼ばれることもあることからもわかるように、長い髪の毛を左右に分けて両肩に垂らす髪型です。

日本では古くから二つ結いと呼ばれ幼い少女に対して母親たちが行ったヘアスタイルだったこともあり、現代でも比較的若い10代までの少女や女性を中心に人気があります。

牽引性脱毛症は実は10代~20代の女性にも多くみられます。

それはこうした若い女性にポニーテールやツインテールのような髪の毛に負担をかけるヘアスタイルが人気であったり、同じヘアスタイルをすることが多いという傾向にあるからと考えられています。

そんなツインテールの対策としては、強い力で引っ張らずに弱い力でひっぱってまとめたり、まとめる部分を強く結びすぎないといった方法がまず1つ挙げられます。

もう1つはヘアスタイルを変えるという方法ですが、あまり大きな変化は好まれないため、いくつかツインテールの派生形をご紹介します。

まずは頭部両側の髪の毛だけを耳の上でまとめて、残った前髪や後ろ髪はそのまま垂らすというツーサイドアップという髪型です。

こうした方法で頭皮が引っ張られる力を弱めながら治療を続けていけば、時間はかかりますがまた髪の毛は生えてきます。

シニヨン

シニヨン

頭髪全体から引っ張って持ってきた髪をサイドや後頭部でまとめたヘアスタイルで、髪形の作り方として分かりやすく説明するならポニーテールを丸くまとめたヘアスタイルです。

まとめた髪の形からお団子ヘアとも呼ばれ、主に新体操、バレリーナほかアスリートが動きやすさを重視してするヘアスタイルだったり、近年は世代を問わず親しまれつつあります。

バレリーナの姿を想像すると、シニヨンで髪が引っ張られている印象が浮かぶように、頭髪全体に引っ張られる力が加わるため、早めの対策をおすすめします。

全体から髪を持ってきてまとめるため、頭皮への負担が強い髪型ですので、引っ張る力を弱めるという方法や、髪をまとめる場所を時々変えるというような変化で、一定方向からの力が続くという負担を分散させるよう気をつけると良いでしょう。

それでも牽引性脱毛症を発症していたなら、治るまでには長期間の時間がかかります。

三つ編み

三つ編み

三つ編みは古代オリエントの時代から女性に愛され親しまれてきた長髪の髪の代表的なヘアスタイルです。

三つ編みは髪の毛をまとめて引っ張ってきて3つに分け編んでいくため、頭皮に負担はかかりますが、編み込みを行う場所に一定の決まりがありません。

そのためある程度定期的に三つ編みの位置を変えるように意識すれば、牽引性脱毛症を治すことができるでしょう。

具体的な方法としては、あまり強い力で引っ張らずにふんわりとした三つ編みを編み込んでいくルーズアレンジを行ったり、まっすぐ後ろに垂らさずに三つ編みを行う根元を左右にずらすサイド三つ編みなどがあります。

ちなみにポニーテールやツインテールもその髪束を三つ編みにしていく三つ編みポニーテール、三つ編みツインテールなどという2つを複合した髪型があります。

ただしすでに牽引性脱毛症の症状が出ていた場合は治療までに時間はかかることは理解しておきましょう。

エクステンション

エクステンション

ヘアエクステンションとは人の髪の毛やファイバーアクリルで作られた自毛に接続する髪の毛で、部分かつらの1種です。

このエクステンションというのは、延長するという意味や継ぎ足すという意味の言葉で、その名の通り自毛に注ぎ足して使用します。

接続方法にはいくつかあり、もっともメジャーなのは自毛に編み込む方法です。

編み込んだ部分の糸ゴムを切ればご自分でも脱着が可能です。

他には金属チップで自毛を挟み込む方法、接着剤や超音波アイロンで接着する方法、熱圧縮チューブで取り付ける方法、シールのように貼り付けるシールエクステなどがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

このエクステンションは髪の毛を強制的に増やすため、思い切った髪型や理想の髪型を手に入れやすい反面、取りつけに力が加わったり取り外しに強力なリムーバーを使ったりと、髪の毛にダメージを与えやすいものだという認識が必要です。

脱毛に関しても強い力で編み込んだり、取り付けたエクステンションが日常的な自毛に負担をかけてしまいますので、牽引性脱毛を起こす可能性があります。

脱毛が起こってしまったらしばらくは自毛に負担をかけない髪型で髪の毛の復活までケアするのが賢明です。

ブラッシング

まず、そもそもの話としてブラッシングは薄毛予防に有効だとされる意見もあります。

何故ならブラッシングの効果はヘアスタイルを整えるというだけではなく、絡まった髪の毛をほぐし、髪の汚れを取り除き、頭皮全体へと皮脂をいきわたらせるという役目があるのです。

よく言われるマッサージ効果ももちろんあり、ブラッシングが頭皮に適度な刺激を与えることによって血行を促進して頭皮環境が改善します。

その上でブラッシングがどう牽引性脱毛症と関係しているのかを解説いたします。

普段の日課として朝の出勤前や入浴後などブラッシングで絡まった髪の毛を強く引っ張っているということはないでしょうか。

こうした乱暴なブラッシングが日常になっている場合、知らず知らずのうちに健康な髪の脱毛が日々積み重なっているのです。

対策としては髪のとかし方を変えて、絡まった髪がある場合は根元に負担がかからないように片手で髪を持ち上げながらブラッシングしたり、全体のブラッシングをいままでよりも優しめにするといった方法で日常的に変えると良いでしょう。

ヘアアイロンやコテ

牽引性脱毛症の原因として最後は日常的に使うことになるヘアケア製品である「ヘアアイロン」と「コテ」について解説していきます。

ヘアアイロンやコテは熱の力によって髪の毛をクセ付け、形を整えることができる非常に便利なスタイリングツールです。

しかし使い方を誤るとこの便利なヘアケア製品が脱毛を増やす原因となるのです。

まず挟んだり巻いたりして髪の毛事態に負担をかけてしまうため、髪の水分量が減り極端な使い方は切れ毛の原因ともなります。

そしてこれらを使用する際に、しっかりとしたカールを作りたくて巻く力をつい強めてしまうと知らず知らずのうちに髪の毛を引っ張ってしまいます。

引っ張る力や熱の力も強いため、根元で使うと髪の毛はもちろん毛根に対しての負担も大きく、これが引き金となって牽引性脱毛症を発症することがあるのです。

良い製品も使い方によっては悪い結果を引き起こしてしまうので、これらを使用する際はまず巻くことに意識が向くあまり強く根元から引っ張っていないかということを常に意識して、やさしく片手で髪を持っておいて毛根が引っ張られていない状態でヘアアイロンやコテで巻いていくという使い方を心がけてみましょう。

原因が分かったらどうすればいい?

ここまでで牽引性脱毛症の原因となる髪型や道具についてと、その対策はご紹介させていただきました。

ただここまでお伝えした対策はあくまでも牽引性脱毛症を予防したり、これから同じ間違いを繰り返さず、また脱毛部分に髪の毛が復活するために必要な方法を伝えたにすぎません。

牽引性脱毛症は原因がはっきりしてはいますが、引っ張られている頭部全体のようなほかの脱毛症よりはるかに広範囲で脱毛が起こっている場合もあり、自然と発毛を復活させるにはかなりの時間がかかります。

ですが無くなってしまった髪は少しでも早く復活させたいと思うものです。

そこで原因が分かった後、どうすればよりよい発毛につながるのかということについてその方法をご紹介していきます。

クリニックに相談

牽引性脱毛症がきっかけで健康な髪が抜けてしまった場合も、他の脱毛症で抜けた場合も、脱毛症の治療には薄毛治療専門クリニックを利用するのが効果的です。

どんなきっかけでも脱毛してしまった部分からの発毛には時間がかかりますし、無理に引っ張られて抜けた頭皮の状態を確認してもらわないと、健康な髪が復活する状態にはなっていないかもしれません。

そもそも牽引性脱毛症をきっかけとして脱毛していれば長期間頭皮のケアを続けて発毛する可能性はありますが、脱毛症は私たち素人の判断ではその脱毛症が発症しているか突き止めるのは非常に難しいのです。

例えば牽引性脱毛症を発症していることは間違いないとしても、脱毛症というのは複数の脱毛症が併発している場合もあります。

仮にAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)といった男性型の脱毛症も併発していた場合、これらの脱毛症は健康な髪が生まれ、生えて、抜けていくというヘアサイクルと呼ばれる毛髪の周期を乱します。

主にヘアサイクルの成長期を縮めてしまう症状があるため、健康で力強い髪に育たず、細く弱い髪のまま退行期に入ってしまうため、ちょっとした引っ張られる力で抜けてしまっているかもしれないのです。

こうした症状を改善させるためには、発毛剤や育毛剤を使用するのが得策ですが、市販の薬では成分が弱いということもありますし、何よりご自身の頭皮にとって良い成分がどれかということもわかりません。

したがってクリニックを訪問して、発毛のプロフェッショナルである医師の診察を受け、正しい処方や施術をしてもらう必要があるのです。

また、薄毛クリニックに対して、全国には発毛サロンや育毛サロンという施設も時々目にするようになりました。

発毛サロンと育毛サロンはクリニックに対して何が違うかというと、それは主に医師によってしか行うことのできない医療行為である施術を行えるかどうかが大きな違いです

この施術や治療薬の処方によって、どんな脱毛症でも3か月ほどで一定の発毛効果が出る人が多いことからも、薄毛治療クリニックへ訪問する価値をわかっていただけるでしょう。

ですからまずは薄毛治療クリニックに相談することをおすすめします。

無料カウンセリングを利用

薄毛治療クリニックで薄毛を治療するのが発毛への近道であることは間違いありません。しかし、金銭面や恥ずかしさなどでちゅうちょする方が多いのが現状です。

ですが現在は、低価格から治療できるプランやローン返済できるようなシステムを取っているクリニックも多く存在します。

また現在ではテレビCMやメディア広告で薄毛治療が一般化しているので、いまや脱毛症を治療するのは当たり前の時代になっているのです。

今は少しでも薄毛治療のハードルを下げるために、薄毛治療クリニックでは、無料カウンセリングというシステムを採用しているクリニックが多くあります。

無料カウンセリングは、発毛相談のプロフェッショナルであるカウンセラーが、相談に来る患者側の話を聞いて不安や疑問に答えてくれるシステムで、クリニックへの敷居を低くしてくれます。

都内で人気のクリニックは東京スカルプクリニックです。

男性だけでなく、牽引性脱毛症をはじめとした女性特有の脱毛症の治療にも特化しており、牽引性脱毛症に関しては治療した女性患者の方が3か月で改善が見られたという報告もあります。

また。無料だからと言ってそのまま診察まで受けさせられ、治療の契約を結ばなければいけなかったり、何かの治療薬を買う義務があったりということもありません。

牽引性脱毛症を少しでも改善したいと思っている人はまずは話だけでも聞きに行ってみてください。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

治療薬や施術で改善

牽引性脱毛症という診断が下され治療方針がはっきりしたら、あとは自分に合った治療薬や施術を受けて発毛に向けて治療を続けるだけです

まず治療薬ですが、薄毛の治療は大きく分けて2つあります。

1つは髪の毛を生やす発毛治療で、もう1つは生えていつ髪の毛を育てる育毛治療です。特に発毛に関しては治療薬の継続が何より重要になります。

髪型が原因で脱毛してしまう牽引性脱毛症の場合は女性の患者さんが多いので、まずは女性用の治療薬からご紹介していきます。

女性が使用する治療薬でもっともメジャーなものがパントガールです。

パントガールはもともとドイツで使用されている女性用育毛剤で、抜け毛の改善と発毛に効果が期待できるとされています。

女性の薄毛治療薬としては世界で初めて効果と安全性が認められた治療薬です。育毛のほかに爪の成長不良にも効果があります。

今ある髪に対しては弾力性に富む毛髪構造を作るために必要な成分を含んでおり、発毛に関しては毛根を活性化し、組織を代謝させる成分が含まれています。

ただし、妊娠中の方は避けたほうが良いとされています。

もう1つ男性、女性とも使用できるのがミノキシジルです。

ミノキシジルは血行を促進させることで髪の細胞に栄養を届ける効果と、髪の毛を生やすために非常に重要な役割を持っている毛母細胞を活性化させる効果を持っています。

ミノキシジルは内服薬と頭皮に直接塗布する外用薬がどちらも存在し、これらを組み合わせて発毛をうながします。

他にもAGA治療薬のプロペシアや、プロペシアのジェネリックであるフィナステリド、ザガーロ、アボルブなど、さまざまな治療薬が薄毛治療に使われています。

次に施術ですが、施術とは先の項目でも少し触れましたが、医療従事者とその関係者だけが行える、頭皮へ直接行う様々な治療方法を指す言葉です。

治療薬と施術を組み合わせることによって、発毛をより確かなものにする効果が期待できます。

代表的ものは育毛メソセラピーと呼ばれる施術があります。

メソセラピーとは脱毛症の専門用語ではなく、注射器を使用して有効成分を注入する施術治療全般を指すものです。

薄毛治療クリニックでのメソセラピーは頭皮に対して行うもので、さまざまな栄養素、薬剤、幹細胞などクリニックごとで違いがありますが、これらを頭皮に注入します。

他にも脱毛部の状態によって今後の発毛が期待できない場合は、今ある発毛部分から毛根を移植する植毛や、薄くなっている髪を多く見せるようにカバーするヘアタトゥーといった施術などもあります。

ちなみに注射と聞いて、頭皮への注射など痛みに耐えられそうにないという不安を持つ方もいらっしゃいますが、薄毛治療クリニックでは各種麻酔に対応したクリニックもあります。

痛みの少ない極小の針を使用するクリニックもありますし、そもそも針を使わないノーニードル法という施術方法を採用するクリニックもあります。

ノーニードル法も電気刺激やジェット水流で有効成分を頭皮に浸透させるので、注射とほぼ変わらない効果を期待できるとされているため、ノーニードル法を採用するクリニックも増えています。

牽引性脱毛症の原因についてまとめ

ヘアスタイルは服装や化粧などと同じかそれ以上に私たち自身を印象付ける大切な要素です。

それだけに自分のイメージを会うたびに変えることにならないように、ヘアスタイルは長く同じものにしてしまいがちです。

しかし頭髪に負担がかかるようなヘアスタイルを長く続けてしまうと、もっとも力がかかる生際などの部分はもちろん、頭髪全体で牽引性脱毛症を起こしてしまいます。

健康な髪が抜けてしまうと次の発毛までまた長い時間がかかってしまいますので、まずは髪が抜けないようなヘアスタイルの変更や、同じ髪型を続けたい場合は髪の分け目や引っ張る力のかかり方などに工夫しましょう。

それでも一度抜けた髪は戻ってきませんので、脱毛症を治療するには医師のいる薄毛治療クリニックや薄毛治療専門クリニックに訪問してみましょう。

はじめてクリニックを訪れることに不安がある人も多いので、薄毛治療クリニックでは無料カウンセリングを受け付けているところが多くなっています。

まずはこうしたクリニックに発毛相談に行ってみましょう。

女性の場合、薄毛治療専門クリニックであれば、完全予約制や、完全個室、また、クリニックの入り口が目立たないなど、プライバシーにも十分配慮されています。

こうしたクリニックで牽引性脱毛症かどうかも診断できます。

他の脱毛症を併発している場合もありますが、クリニックで診察を受ければその点も安心できます。

こうして診察を受け、治療薬を処方してもらい、医師による施術を受けることで、また健康で美しい髪の毛が戻ってくるでしょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる