牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛症)とは?

AGAで悩んでいる男性

牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛症)とは?

牽引性脱毛症は名前にもあるように、「牽引」つまり、引っ張られる事によって毛根や頭皮に負荷が掛かり、発症してしまう症状です。
人間の髪というのは頭皮の奥にある毛根から生えてきますが、髪を結ぶなどの方法で牽引してしまうと、毛根や頭皮を引っ張り続けるような状態となります。

頭皮に対して非常に大きなダメージを与えてしまう事によって血行不良や抜け毛、切れ毛が発生し薄毛になってしまうのです。

「ポニーテール」「団子ヘア」「三つ編み」「エクステンション」などが牽引性脱毛症を引き起こしやすいと言われています。

特に注意が必要となるのは「エクステンション」です。特に「編みこみ式」と呼ばれるような、人工毛を直接自身の毛髪の根本に対して直接結びつけるものです。
人編みこみ式のエクステンションの場合、長時間にわたって毛根と頭皮に対して負荷をかけることになるため、牽引性脱毛症を引き起こしやすくなります。

もちろんポニーテールや団子ヘアなどの髪型も牽引性脱毛症を引き起こしやすい髪型であることに変わりはないため、注意は必要となります。

牽引性脱毛症の原因

AGA(男性型脱毛症)の原因についは詳しくは以下をご覧ください。

詳細はコチラ

AGA(男性型脱毛症)の症状

AGA(男性型脱毛症)の症状についは詳しくは以下をご覧ください。

詳細はコチラ

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

AGA(男性型脱毛症)の治療方法についは詳しくは以下をご覧ください。

詳細はコチラ

牽引性脱毛症の治療期間

牽引性脱毛症は、長い期間放置して症状が進行してしまうと、毛根が再生不能となってしまいます為、早めに病院やクリニックに相談しましょう。

クリニックでの診療の場合、人によって治療期間は異なりますが、3ヶ月~6ヶ月ほどで、脱毛症が治す事が可能です。
ヘアースタイルを変えたり、エクステンションを辞めるなど、毛根や頭皮に負担をかけていた部分を解消するなどのケアを早い段階で行えば、1~2年で回復されます。

牽引性脱毛症の診療科目

病院の皮膚科もしくは、クリニックのカウンセラーに相談するなど早めに実行しましょう。薄毛治療のクリニックでは、キャンペーンで無料診断してくれるクリニックもあります為、気になる場合は気軽に相談してみましょう。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる