牽引性脱毛症の症状とは?

牽引性脱毛症は男性には少なく、女性に多く見られる脱毛症です。

文字通り「ひっぱる」ことで起こる脱毛症で、ポニーテールや三つ編みなどの髪を強く引っ張るようなヘアスタイルが原因になります。

早い方では10代で牽引性脱毛症が始まることもあり、髪を結ぶヘアスタイルをよくする女性は特に注意しなければなりません。

牽引性脱毛症は女性であれば誰でも発症する可能性がある脱毛症ですが、症状が出ていることに気付かず悪化させてしまう方も少なくありません。

そこでもしも牽引性脱毛症が起こったらすぐに対処できるよう、どのような症状の現れ方をするのか解説していきます。

牽引性脱毛症の症状

牽引性脱毛症は、髪を引っ張ることが原因で起こる脱毛症になります。もちろん普段の生活の中で、わざと髪を引っ張るようなことは無いはずです。

しかしポニーテールや三つ編みなど、何気なくするヘアスタイルによって髪が引っ張られている状態が続き、牽引性脱毛症につながることがあります。

髪を結ぶヘアスタイルをしていると、下ろしている時と比べて髪や頭皮が引っ張られ、強い負担がかかります。

その状態が続くことで頭皮や毛根はダメージを受け、頭皮の血流が悪くなることで髪や毛根が弱っていくのです。

それでは牽引性脱毛症を発症した場合にどのような経過をたどっていくのか、初期・中期・末期の症状に分けて解説していきます。

初期症状

例えば1日だけポニーテールで過ごしたとしても、それだけで牽引性脱毛症が発症する訳ではありません。

牽引性脱毛症は徐々に進行していく脱毛症であり、髪や頭皮への負担が重なり続けることによって発症します。

もしも髪を強く引っ張るヘアスタイルを毎日のように続けたとしたら、目安として早い方では5~6年、遅い方では10年~20年ほど経ったときに牽引性脱毛症を発症すると言われています。

とはいえ牽引性脱毛症を発症しても初期のうちは目立った症状が無く、気づかない方も多いです。人によっては、ふと次のような症状が起きていることを自覚するケースもあります。

  • 一部分だけ髪が薄く感じる
  • 抜け毛が増えた
  • 髪が少し後退してきた

また牽引性脱毛症はポニーテールだけでなく三つ編みやお団子ヘア、ツインテールなどのヘアスタイルや、さらにエクステやヘアアイロンなどのヘアケア用品も原因になることがあります。

これらのヘアスタイルをよくしている、あるいはヘアケア用品を使っている方は、症状が無くても頭皮や毛根に負担がかかっているため注意してください。

中期症状

牽引性脱毛症は初期のうちは症状が少なく、発症していることに気付きにくいため悪化させてしまうことが多いです。

しかし知らずのうちに牽引性脱毛症が悪化し、中期になると症状が顕著になってくるため、この段階で気づく方もいらっしゃいます。

牽引性脱毛症の発症初期のうちは症状が出たとしても、抜け毛が多少多くなったり、髪が一部分だけ薄くなったように感じる程度でした。

これが中期になると明らかに髪が薄くなっている部分ができてくるため、異変が起きていることを自覚しやすいです。

症状がさらに進行し、頭皮や毛根へのダメージが加速すると毛根が再生不能になり、治療ができなくなる恐れもあります。

もしも牽引性脱毛症と思われる症状を見つけたら、早めに対策をしましょう。

末期症状

牽引性脱毛症も末期まで進行すると、明らかな症状が見られるようになります。

  • 引っ張られている部分(前髪の生え際など)の髪が、ほとんど抜け落ちる
  • 生え際の部分の髪が生えてこない
  • 髪の隙間が空いて、地肌が見えている部分がある

しかし牽引性脱毛症を発症したとしても、このような末期症状が起こる段階まで至ることはほとんどありません。

ほとんどの方は初期~中期のうちに自覚をし、何らかのケアをすることで牽引性脱毛症は回復できます。

ですが何もケアをせずに放っておくと末期の段階まで至り、症状の回復が難しくなることもあるので注意が必要です。

牽引性脱毛症の症状が見られたらどうすればいい?

牽引性脱毛症は、症状が徐々に悪化していく進行性の脱毛症です。もしも発症していることに気付いたら、早めにケアを始める必要があります。

しかしケアと言っても、どんなことをしたらいいのか分からない方も多いと思います。

そこで以下では、牽引性脱毛症の症状が見られた場合にどうすればいいのか、対策方法をご紹介していきます。

クリニックに相談

牽引性脱毛症を発症した時に見られる症状をおさらいすると、主に次のような異変が見られます。

  • 抜け毛が多くなる
  • 生え際が後退する
  • 髪が一部分だけ薄くなる
  • 生え際の部分の髪が生えてこなくなる

これらの症状が見られたとき、それがあまり進行していない初期段階であればヘアスタイルを変えたり、エクステをやめるなどして頭皮や毛根への負担を減らしていくと徐々に改善されます。

回復するまでの目安として、適切なケアを行えば1~2年程度で改善されていくと言われています。

しかし症状が進行していれば回復はもっと遅くなりますし、女性に起こる可能性がある脱毛症は牽引性脱毛症だけではありません。

気になる薄毛や抜け毛の症状が他の脱毛症によるものであれば、ただヘアスタイルを変えたりしただけでは改善されることはなく、症状が進行していく一方です。

そこで確実に改善をしていくためにも、薄毛や抜け毛の症状が見られたときは一度薄毛治療クリニックに相談してみることをおすすめします。

近頃では薄毛や抜け毛の悩みは男性だけでなく女性の間にも広がってきており、そのため薄毛治療クリニックに通う女性も増えてきました。

薄毛治療クリニックには薄毛や抜け毛の治療を専門とする医師が在籍し、何が原因で薄毛や抜け毛の症状が出ているのか、どんな治療が必要なのかを見てもらうことができます。

また牽引性脱毛症を改善していく上でただ自分でケアをするよりも、クリニックで治療を受けた方が治りが早く、効果も高いこともメリットです。

無料カウンセリング

薄毛や抜け毛の症状が出ている場合、それが牽引性脱毛症によるものかどうかは問わず、薄毛治療クリニックに相談してみることで効果的な治療を受けることができます。

しかしクリニックの薄毛治療というと「お金がかかりそう」「本当に効果があるの?」などあまり良くない印象を持っている方もまだまだ多いです。

そこでクリニックで薄毛治療を始める前に、まずは無料カウンセリングだけ受けてみるというのも選択肢の1つです。

初診料や相談料などは一切かからず、医師による診察や頭皮チェックを無料で受けた上で、自分の薄毛や抜け毛が起きている原因や、それを改善するために必要な治療などを聞くことができます。

都内で女性に人気のクリニックは、東京スカルプクリニックです。女性特有の牽引性脱毛症をはじめとした治療も特化していて、3か月ほどで改善が見られたという実例もあります。

東京スカルプクリニックではもちろん話を聞いたからといって必ず治療を受ける必要はなく、医師やスタッフから聞いた説明に納得がいかなければその場で帰宅しても問題ありません。

無料カウンセリングを受けることでクリニックに在籍している医師やスタッフ、またこれから受ける治療は本当に信頼できるものかどうかを自分で判断した上で、薄毛治療に取り組むことができます。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

牽引性脱毛症についてまとめ

牽引性脱毛症はポニーテールや三つ編み、お団子ヘアなどのヘアスタイルやエクステの装着など、「髪を引っ張る行為」がもとで起こる脱毛症です。

男性に見られることは少なく、牽引性脱毛症の患者さんはほとんどが女性です。

特定のヘアスタイルやエクステなどがなぜ脱毛症につながるのか、それは髪が引っ張られることで頭皮や毛根にダメージが溜まり、血行不良を起こすことが理由になります。

とはいえ、牽引性脱毛症はすぐに発症する訳ではなく早い方では5~6年、遅い方だと10年~20年してから症状が現れ始めるものです。

また症状が徐々に悪化していく進行性の脱毛症であるため、牽引性脱毛症の症状を自覚し始めたら早めに治療をすることで、治りも良くなります。

牽引性脱毛症の症状を改善するにはヘアスタイルを変える、エクステを外すなどのセルフケアも重要ですが、確実に治療をする場合にはクリニックで薄毛治療を受けることが最も効果的です。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる