牽引性脱毛症の治療方法は?

地球と木

牽引(けんいん)性脱毛症とは、ポニーテールなどの髪が引っ張られるようなヘアスタイルが原因で起こる脱毛症です。

抜け毛や切れ毛が増えたり、髪の毛が細くなり地肌が透けて見えてしまうなどの症状が起こります。

その特性上、女性に多く見られる脱毛症であり、男性に牽引性脱毛症の症状が現れることはほとんどありません。

仕事のためにも、おしゃれのためにも髪を結ぶようなヘアスタイルをする女性は多いです。

しかし牽引性脱毛症は誰にでも発症する可能性はある脱毛症なので、髪の毛について気になる症状がある時は適切な対策や治療が必要になります。

今回は牽引性脱毛症の治療方法についてご紹介いたします。

牽引性脱毛症の治療方法

牽引性脱毛症の治療方法は、大きく「AGAクリニックによる治療」と「自分でできる対策」の2つに分かれます。

まずAGAクリニックによる治療の場合、処方される医薬品やクリニックに通院して行う薄毛治療の施術を中心に牽引性脱毛症の改善を目指していきます。

薄毛治療の専門院であるAGAクリニックには豊富な治療メニューが揃っており、どれも高い改善効果が期待できる方法ばかりです。

  • HARG療法
  • メソセラピー
  • 植毛
  • 治療薬

またAGAクリニックに通院するだけでなく、自分自身で今すぐにできる改善方法を併せて行うと牽引性脱毛症を効率的に治療していくことが可能になります。

以下ではAGAクリニックで行うそれぞれの治療内容や、今すぐに自分でできる改善方法について解説していきます。

HARG療法

HARG療法とは、「Hair Re-generative theraphy(毛髪再生医療)」の頭文字から名付けられた薄毛治療です。

認定された医療機関のみで行われている薄毛治療になり、その内容は「HARGカクテル」という薬剤を注射器などを用いて頭皮に直接注入するというものになります。

HARGカクテルに含有されているのは、毛根の細胞を活性化し髪の毛の成長を促す数百種類の成長因子、それと髪の毛に栄養を与えるビタミンやアミノ酸などです。

それぞれの成分の相乗効果により、髪の毛を生やす発毛効果と髪の毛を丈夫に育てる育毛効果の2つを期待できるのがHARG療法の特徴となります。

またHARG療法は男性・女性どちらの薄毛や抜け毛のお悩みにも効果が期待でき、さらに副作用も報告されていないことから安全性にも優れています。

もちろん牽引性脱毛症も治療できるため、HARG療法は年齢や性別、症状などの制限がない、幅広い方に適した治療法です。

しかしHARG療法は効果・安全性のどちらにも優れる反面、決して安くはない治療費用がかかるのが唯一のデメリットです。

メソセラピー

メソセラピーとは、近年多くのAGAクリニックで行われるようになった薄毛治療です。注射器や医療機器を使用し、薄毛・抜け毛改善に有効な成分を頭皮に直接注入します。

一見HARG療法と似ていますが、HARG療法ではどのクリニックでも同じ薬剤HARGカクテルが使用されるのに対し、メソセラピーではクリニックごとに使用される成分が様々であるところが異なります。

メソセラピーで注入に使用されるのは、主に成長因子やミノキシジルを始めとした成分です。さらに施術1回あたりの料金も、基本的にメソセラピーの方が安めに設定されています。

メソセラピーは頭皮に直接注入するという治療方法から毛根に成分が浸透しやすく、高い有効性が期待できます。

またその効果は後述する治療薬と併用することで、より高まります。

牽引性脱毛症に対する治療として、メソセラピーと治療薬による併用治療を行うクリニックも多いです。

植毛

牽引性脱毛症は他の脱毛症と比べると、基本的には簡単に改善することが可能な脱毛症です。

しかし何のケアもせずに放置するなどして症状が重くなると、明らかに髪の毛が少なくなり、また生えてこなくなることがあります。

このように牽引性脱毛症が重症化した場合、植毛治療をするという選択肢もあります。

植毛とは、薄毛が進行した部分に髪の毛を植えていく治療法です。

自分の髪を移植する「自毛植毛」と人工の毛を植える「人工毛植毛」がありますが、拒否反応などへの懸念から今では自毛植毛が主流になっています。

自毛植毛について"髪を移植する"と説明しましたが、より厳密にいうと移植するのは毛根の部分です。

毛根には髪の毛を生やすために必要な細胞が詰まっており、健康な毛根を薄毛が進んでいる部分に移植すると、その場所から再び新しい髪の毛が生えてくるようになります。

重症化した牽引性脱毛症も根本的に改善できる治療法です。

ですが自毛植毛の治療費用は、移植する髪の本数に左右されるものの、数百万円ほどかかることも珍しくありません。

自毛植毛は費用が高い治療であるため、費用とメリットをよく考慮した上で施術を受けるかを決めましょう。

治療薬

薄毛や抜け毛にお困りのとき、治療の基本となるのが治療薬の使用です。

以前は薄毛や抜け毛に効果のあるお薬には男性専用のものが多く、女性が使用できるお薬の種類は少なかったです。

しかし最近では女性に向けて開発された薄毛治療薬が多数登場しており、お薬の選択肢が豊富になってきています。

その中でも、牽引性脱毛症に対して有効なのが「ミノキシジル外用薬」です。

ミノキシジル外用薬は頭皮に直接塗って使うお薬で、男性・女性どちらの薄毛治療にも用いられています。

またミノキシジル外用薬の効果は、血管拡張作用により頭皮の血流を改善、より多くの栄養素が毛根に届きやすくすることで発毛を促すというものです。

牽引性脱毛症で薄毛や抜け毛が始まる原因には頭皮の血行悪化も関わっているので、血流を改善するミノキシジルは牽引性脱毛症にも有効なのです。

今からできる改善方法

牽引性脱毛症は、髪や頭皮に対して長期的に負担がかかることで起こる脱毛症です。

同じ髪型を続ける、ヘアアイロンやエクステを使用するなど物理的な刺激が発症のメカニズムになっているため、その刺激を減らすことで症状の回復が見込め、また再発を防ぐこともできます。

そこでクリニックに行かなくても自分だけで、今から簡単にできる牽引性脱毛症の改善方法を説明していきます。

最も簡単にできる牽引性脱毛症の改善方法は、「毎日髪型を変える」というものです。

牽引性脱毛症は同じ髪型を毎日続けることにより、髪や頭皮に"引っ張られるダメージ"が蓄積することで薄毛や抜け毛が起こります。

そのため髪型を変えると同じ部分に負担がかかり続けるのを防止でき、牽引性脱毛症の予防や改善につながります。

しかし仕事の都合などで、同じ髪型を続けざるを得ない方もいらっしゃると思います。

そのような場合は分け目の位置を変えたり、髪を弱く結んだりすることで髪や頭皮への負担を軽減できます。

また髪を結ぶときにはヘアゴムではなく、シュシュを使うこともおすすめです。

シュシュはヘアゴムよりも優しく髪を結ぶことができるため、髪や頭皮にかかる負担が小さいです。

以上のように普段の髪型を変えるだけで、牽引性脱毛症を改善することができます。

牽引性脱毛症の原因

牽引性脱毛症は、髪が引っ張られることで頭皮や髪に負担がかかり、薄毛や抜け毛が起こる脱毛症です。

ポニーテールやひっつめ髪のように、髪を引っ張るような髪型を長期間続けたり、またヘアアイロンをかけたりすることなど牽引性脱毛症の原因は日常生活の中に潜んでいます。

特におしゃれをすることが多い女性や、仕事上髪を結ばなければいけない女性であれば、誰でも牽引性脱毛症を発症するリスクがあります。

牽引性脱毛症を予防、改善するためには、まず原因を知ることが大切です。詳しくは下記ページをご確認ください。

牽引性脱毛症の原因とは?

牽引性脱毛症の症状

一口に薄毛や抜け毛といっても、女性に起こる可能性がある脱毛症の種類は様々あります。脱毛症の種類によって症状の現れ方に違いがあり、また適切な治療方法も異なります。

薄毛や抜け毛のお悩みを効果的に解消するためには、まず自分がどの脱毛症に当てはまるのかを見極めることも必要です。

そこで牽引性脱毛症の症状は、髪や頭皮が引っ張られている部分にのみ、局所的に現れることが特徴です。
また牽引性脱毛症は進行性であり、本人も症状に気づかないうちに悪化しているケースもあります。

詳しくは下記ページをご確認ください。

牽引性脱毛症の症状とは?

まずは無料カウンセリング

「抜け毛が多い」「地肌が目立つようになった」などの症状が現れた場合、自分で解決しようとせずにまずはAGAクリニックに行って、相談してみることがおすすめです。

AGAクリニックというものに対して"男性が行く場所"というイメージを持つ方もいらっしゃいます。

ですが薄毛や抜け毛に悩む女性が近年増えてきており、その実情を踏まえて女性の薄毛治療を行うクリニックが増加傾向にあります。

いまやクリニックで薄毛や抜け毛の治療を受ける女性の存在は、珍しくありません。

また先述したように脱毛症の種類は複数あり、その種類によって症状の現れ方や効果的な治療方法が異なります。

さらに同じ脱毛症でも、個人の体質や症状の程度により適切な治療方法が変わってきます。

これらを的確に見極め、そして自分に合った治療方法を選ぶためにはやはり、専門医にまず見てもらうことが近道です。

AGAクリニックの中には、無料でカウンセリングを受け付けているところも数多く存在します。

それらの中で牽引性脱毛症の治療実績があるクリニックを当サイトが調査したところ、東京・銀座にある「東京スカルプクリニック」にたどり着きました。

東京スカルプクリニックでは"治療薬+メソセラピー"の治療により、進行した牽引性脱毛症の患者さんが3ヶ月ほどの治療期間で改善が見られたのです。

項目 概要
クリニック名 東京スカルプクリニック
所在地 東京都中央区銀座2丁目6-5 アサコ銀座ビル5F
診療時間 10:00~19:00(月・木のみ~21:00)
休診日 不定休
電話番号 0120-041-001
最寄り駅
  • 銀座一丁目駅 8番出口より徒歩1分
  • 銀座駅 A9出口より徒歩3分
  • 有楽町 京橋口より徒歩6分

お近くにお住まいで「牽引性脱毛症かな?」とお悩みの方は、まず東京スカルプクリニックの無料カウンセリングを受けみてください。

東京スカルプクリニックの詳細を見る

牽引性脱毛症の治療方法についてまとめ

ここまで、牽引性脱毛症の治療方法についてご紹介してきました。

牽引性脱毛症の治療方法はAGAクリニックに通院しながら行うものと、自分で今すぐにできるものの2種類です。

AGAクリニックに通院しながら行う治療には、HARG療法・メソセラピー・植毛・治療薬と豊富な選択肢があります。

これらはどれも多くの方に有効性があることを実証された薄毛治療の方法であり、牽引性脱毛症の改善にも効果的です。

また牽引性脱毛症は日常生活の中に明確な原因があって起こるので、それらを対処することも治療の1つです。

髪型や分け目を毎日変えるようにする、毎日同じ髪型が続く場合はヘアゴムではなくシュシュを使うなどして、ゆるく結ぶといった工夫により、頭皮や髪への負担を減らして牽引性脱毛症を改善することができます。

ですが薄毛や抜け毛が牽引性脱毛症によるものなのか、どんな治療方法が適切なのかを自己判断することは難しいため、確実に治療したい場合はまずAGAクリニックに相談することがマストでしょう。

多くのAGAクリニックでは医師の診察やカウンセリングが無料なので、気軽に相談することができます。

この記事を書いた人 みっちゃん

産後脱毛を経験してから薄毛に敏感になった一児のママ。若い頃よりもボリュームが減ってるため生活習慣から栄養までこだわるようになった。

注目のクリニック

東京ビューティクリニック銀座院の画像

東京ビューティクリニック銀座院

メソセラピー植毛ヘアタトゥー処方薬

詳細ページへ

東京スカルプクリニックの画像

東京スカルプクリニック

メソセラピーノーニードル処方薬

詳細ページへ

AGAスキンクリニックの画像

AGAスキンクリニック

メソセラピーノーニードルヘアタトゥー植毛処方薬

詳細ページへ

TOPへ
もどる